ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > シャーリー・アントン

検索結果

シャーリー・アントンShari Anton

シャーリー・アントン

日本デビュー作は1999年11月に刊行された「王の定めにより」(HS-75)。以来、ハーレクイン・ヒストリカルの人気作家として着実に作品を発表している。 シャーリーが創作を始めたのは1989年のとき。それまでは長年重役秘書として勤務していた。創作講座で学び、ストーリーを掘り下げるのが大量のビジネス文書を作るのよりも格段に楽しいと気づいた彼女は、やがて作家になることを夢見るようになる。大好きなヒストリカル・ロマンスを書いてみようと思いたってから数年は小説技法を学んだ。ほどなく数々の創作コンテストに入賞するようになったことに力を得て、作品を根気強く出版社に送るうち、ハーレクイン社と契約、1997年に念願のデビューを果たした。以後次々と執筆依頼が舞い込むようになり、現在ではフルタイムの作家として自宅で中世ロマンスの世界を紡ぎだしている。 現在はウィスコンシン州で夫とともに暮らす。二人の子どもはすでに成人し、今ではもっぱら孫を甘やかす日々。趣味はバイクに乗ることで、暇さえあれば夫婦で大型バイクを飛ばし、南北戦争の激戦地跡や各地の歴史協会、中世フェスティバルを訪れている。そんなふうに常に仲むつまじい彼女たち夫婦のエピソードを一つ。“数年前、私がインフルエンザで寝込んでいるときのことでした。夫が一輪の赤い薔薇をプレゼントしてくれたのです。彼の思いやりはどんな薬よりも効き目がありました。その薔薇は今でも私のドレッサーに飾ってあります” 小説家として、作品を通じて恋愛のせつなさやすばらしさを伝えることを目指している。ファンからの手紙を読んで、自分がその目標を達成できたと感じられる瞬間が最高に幸せと語る。

検索条件

検索結果

  • 5タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

カッコ悪くて愛おしい:むんちゃん 2021/09/18

ルックスは抜群のヒーローなのにラストシーンのカッコ悪さは半端ないです。でも…

クレオ・ノース3部作、最終章:harumaki 2021/09/18

「過ちは一度だけ」「ふたたびの切なさに」と、少しづつヒロインとヒーローの関…

クレオ・ノース3部作その2:harumaki 2021/09/17

未読の方は「過ちは一度だけ」を読んでから読むことをお勧めします。 時系列で前…

クレオ・ノース3部作その1:harumaki 2021/09/17

ヒロインのフルネームがクレオパトラ・アフロディーテ・ノース!(笑) 名前にコ…

かる~:tsora 2021/09/17

最後まですべて駆け足で何の解決もせず結婚でハッピーエンド?っていくら何でも…

根性があるヒロイン:むんちゃん 2021/09/17

元海兵隊のヒーローに「根性がある」と言われたヒロインは華奢な外見だけど前向…

描写は本モノ:とも 2021/09/17

イタリア関連の仕事に携わっています。コミックスとはあまり縁が無かったのです…

ヒーローの態度が怖い:あかい 2021/09/17

ヒーローは大人で、昔からの知り合いなのに、拗らせ方が半端ない。ヒールが男だ…

思いがけず良かった!:みむら 2021/09/17

ぜんぜん期待せずにセールだったから読んだけど普通に良かったですw タイトルに…

馬の乗り方:つる⭐️りん 2021/09/16

全体には、素敵なお話になっています。ただ残念なのが、乗馬シーンの描き方です…

このページの先頭へ