ホーム > コミック一覧 > コミック原作者一覧 > トーリ・フィリップス

検索結果

トーリ・フィリップスTori Phillips

トーリ・フィリップス

1997年8月に刊行された「道化師は恋の語りべ」(HS-21)でデビューを果たす。以来、98年4月刊「沈黙の騎士」(HS-38)、99年5月刊「身代わり婚約者」(HS-64)と順調に執筆を重ね、ハーレクイン・ヒストリカルの人気作家となる。 幼いころから、手紙、日記から記事や詩にいたるまで書くことが好きだったトーリの文章がプロとして初めて世に出たのは、ティーン雑誌に書いた記事だった。サンディエゴ大学で演劇を専攻したのちMGMスタジオに所属し、ミュージカルや映画にも出演した経験を持つ。同時に書くことも続け、長年の試行錯誤のすえに四本の戯曲が出版されることとなる。 夫が海軍に所属していたため、1970年から74年は駐屯地であったイギリスで暮らす。娘が結婚し、息子も独立して家を出た91年、彼女は当時勤めていたカイロプラクティック・オフィスのマネージャーの仕事を辞め、本格的に作家を目指す。初めはミステリー作家になりたかったというトーリの処女作は男女の探偵が登場する作品で、読んでもらった友人にロマンス色が強いと評されたのがロマンス作家になることを考えるきっかけになったと語る。94年に初めて採用されたのが「道化師は恋の語りべ」だった。今でも、この作品が一番気に入っているという。 余暇には、読書やアイススケートを楽しむ彼女は、愛する男性とロマンティックな関係を持続させる秘訣をこう語る。“キャンドルを灯し、ディナーをゆっくりと楽しむこと。わたしと夫は週に5、6回は実践しています!”現在は、夫とともにバージニア州に暮らす。

検索条件

検索結果

  • 23タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

絵は我慢した:るしあん 2022/12/08

でも、双子設定のジェシカが気になって探して見つけました。 「運命の人を探して…

誠実なヒーロー:グラハム 2022/12/08

冒頭の激しい描写に驚き、この先の展開が読めなくてハラハラしましたが、五年後…

本当の幸せを掴んで欲しい!:グラハム 2022/12/08

自分の母親が一体どんな人物だったか。それをよく知るヒロインは、検事という職…

永遠の愛:グラハム 2022/12/08

この作品を初めて読んだ時、白黒の世界が全てカラーに見えるという不思議な経験…

泣けた~:もも 2022/12/08

わんこたちや家政婦さん、妹や婚約者など、脇役の描かれ方が素敵でした。ヒーロ…

ヒーローが当たり散らすのも仕方ないか…:なの 2022/12/08

事故で体が麻痺して絶望感に苛まれてる心身共にボロボロの状態で、いきなり隠し…

普通なら距離を置きそうなのに…:とっと 2022/12/08

隣人のヒロインのうっかりで、2回も火事騒ぎに巻き込まれたのに好きになっちゃ…

GODIVAといえども:ネル 2022/12/08

ヒロインがふたまたかけているふたりのBFからのドラッグストアで買ったチョコに…

うーん:なちゅられ 2022/12/08

評価がよくて、安かったので買ってみたけど個人的にはイマイチ。お母さんが悪い…

あとがき付き?:ヨーク 2022/12/05

あとがき付きとなってますが付いてません。残念です。 SALE購入だから?(笑) あ…

このページの先頭へ