ホーム > コミック一覧 > 愛しい嘘

Romance ロマンス

愛しい嘘

愛しい嘘

冷徹なイタリア人実業家ザンドロ・ブルネレスキが、弟の遺児をひき取ることになった。そうさ、間違ってもリア・カメロンなどにこの子を渡すものか! リアは弟の恋人で、赤ん坊の母親だ。情緒不安定で、薬物の使用も疑われる信用ならない女だ。だが、そのリアが息子を返してほしいと要求してきた。彼女は以前とはどこか違う。澄んだ瞳、その女性らしい魅力に我知らずザンドロも惹かれていくが、リアの変化には決してザンドロに知られてはならない理由があって…?

3.5 評価集計 141件の評価
評価する
評価5
23
 

評価4
75
 

評価3
31
 

評価2
8
 

評価1
4
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 450円 +消費税
ページ数 145ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

愛しい嘘 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ちゃめっ気があるヒーロー 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
家庭的なヒーロー 評価4 4

姉妹に騙されて・・・というのはHQの定番ですね。家族を大事にするイタリア人だから、ヒロインも幸せになることでしょう。この二人は兄・姉という同じ立場ということもあり、考え方が似ているようです。この先、良い夫婦になりそう。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】育児するイケメン 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

クリスマスシーズンにピッタリ!:UMIYASHI 2020/10/29

セリフのやり取りが多く少々疲れてしまいましたが、読後感は良かったです。青鹿…

イマイチ:mametaku 2020/10/29

ハーレと言うより少女マンガ

原作よりいい♥️:りんご 2020/10/29

原作は、良い話だけれどあっさりしすぎ、という感覚でした。 絵がきれいで、余韻…

罠:むんちゃん 2020/10/27

読み終えて微笑ましい気分になりました。罠に落ちたヒロインとヒーローが愛おし…

ヒーローの女運の悪さが気の毒になるレベル:LLL 2020/10/27

元妻の悪女っぷりは言うまでもなく、十代の頃の人妻、ナチュラルに自分本位なヒ…

傲慢ヒーロー:ハル 2020/10/27

ベディ・ニールズは大好きなので、結構な数を読んでいますが、ここまで思わせぶ…

ヒーローがかわいい:ろびん 2020/10/27

復讐系ヒーローには珍しく、ヒーローがなんだかかわいくて楽しく読めました。ハ…

終わりよければすべてよし(?):kou 2020/10/26

ハッピーエンドで良かったけれど、義姉妹のクレシ―は少し痛い目にあってほしかっ…

長編サスペンス:むんちゃん 2020/10/26

読みごたえのある長編サスペンスでした。複線が張り巡らされていて、とても面白…

これで終わり??:風吹 2020/10/25

この先生の作品は必ずしも結末までぶっとぶわけではないので、恐らく原作に対し…

このページの先頭へ