ホーム > コミック一覧 > ギリシアの無垢な花【あとがき付き】

Romance ロマンス

ギリシアの無垢な花【あとがき付き】

ギリシアの無垢な花【あとがき付き】

【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】ギリシアの孤島で、暴君の父親に耐えながら自立する日を夢みていたセレーネ。17歳のとき、あるパーティーで彼女は生まれて初めての恋をした。実業家である父のライバル、若き富豪ステファンに。将来の夢を語るセレーネを彼は真剣に受け止め、こう言ってくれた。「5年後に会おう、セレーネ」と。その言葉だけを頼りに彼女は密かに島を出る計画を練ってきた。そして決行の時。セレーネはまだ知らなかった、純真な彼女にとってステファンは危険すぎる男性だということを。

2.5 評価集計 28件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
5
 

評価3
5
 

評価2
12
 

評価1
4
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 260円 / 300円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

ギリシアの無垢な花【あとがき付き】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】最低 評価2 2
ハーレクイン ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
邦題が 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

なんかほんと、もったいない。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】父親がくずだった 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

サスペンスもの:シャドール 2019/12/15

ホテルでヒロインの友人が殺された件で、犯人に追われるヒロインとヒロインを偶…

残念:アリス 2019/12/15

絵の線が汚くて下手なので、雰囲気が表現出来ていない。 読んでがっかりした。

ゲス男:ピッパ 2019/12/15

この作家さんは好きだけど 男がゲスすぎ

面白くない:アメリア 2019/12/15

この作家はだめだめ

派手さはないけど:リンちゃん 2019/12/15

バーバラ・マクマーンの華麗な世界にしては地味な展開ですが、人物画の美しさと…

面倒くさいヒロイン:ななな 2019/12/15

特に魅力があるとは思えない上に、思い込みが激しく、面倒臭い思考回路の持ち主…

いぃっすね~:さぶちゃん 2019/12/15

何が良いって、ヒロインが簡単には流されないところですかねー。だいたいのヒロ…

楽しい!:アロニア 2019/12/15

最初から最後まで、とても楽しいロマンティック・コメディでした。ヒロインは祖…

2作目も読んだ方がいい:きな子 2019/12/14

シリーズ物ですが、2作目も読んだ方が内容が分かりやすいし登場人物の心情も楽し…

最高です:ジュリア 2019/12/15

同じように原作を再現しても、で?って感じになる方もいるけれど、森先生はちゃ…

このページの先頭へ