ホーム > コミック一覧 > シンデレラ・ウェイトレス

Romance ロマンス

シンデレラ・ウェイトレス

シンデレラ・ウェイトレス

父を知らず母に捨てられ、施設で育ったミカはひとりで運命を切り開いていこうと決めていた。大事なものは自由。男性にも私自身を捧げたりはしない。しかし、アマルフィで命を助けてくれたラウルは紳士的で信じることができた。お礼にとバイト先を紹介し、始まった共同生活…。ラウルも同じくミカに魅力を感じていたが、軽はずみなことはできないと自制していた。彼の正体は地中海の王国の皇太子。来月には戴冠式のために帰国し、政略結婚をしなければいけない身だった。

3.5 評価集計 28件の評価
評価する
評価5
7
 

評価4
11
 

評価3
7
 

評価2
3
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 450円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

シンデレラ・ウェイトレス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

いい感じ 評価5 5

清々しい感じが残る作品です。 絵も丁寧で。。

参考になりましたか?はい いいえ
とにかく絵が美しい! 評価5 5
ハーレクイン ライブラリで購入済み

話のテンポも良いし、ヒーロー・ヒロイン共に苦悩に揺れる姿に共感できた。 そして悩む姿も美しい! 難点としては表紙の絵がなんか変。見開きの絵の方がキレイだしヒーロー・ヒロインらしさが出てると思う。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】あぁ、そうなるのね… 評価3 3
ハーレクイン ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

バカみたい:ピッパ 2020/09/29

こんな薄い話あるだろうか お粗末なヒール役の元妻に頑ななヒロイン元妻を拒みき…

10年ですよ長すぎます!:まーちゃん 2020/09/29

二人の切ない気持ちはわからないでもないけど、10年もよくも持ちこたえたもんだ…

最後の一枚が残念。:かよちゃん 2020/09/29

ウエディングドレスのデザインが残念 タキシードも残念。 最後の頁で腰砕け。 そ…

ちゃんとハーレクインになってた。:かよちゃん 2020/09/29

月額で購入、作画者の先生には申し訳ないが最初の項の絵柄で少女漫画感満載で月…

淡々。成る程。:かよちゃん 2020/09/29

皆さんのレビューで淡々、淡々って、何? 気になって、淡々の理由が知りたくて、…

ミョーンのチーズ:杏 2020/09/29

なんであんな交錯してるの?

ドラマ「24」なみの展開:わっち 2020/09/29

図々しいヒーローと簡単に体を許すヒロインはお似合いでいいのですが、あまりに…

ハーレクインではなかった:まーちゃん 2020/09/29

どこがどうと詳しく書かなくても、ハーレファンなら読めばわかると思う。

想定内です。:ショコ 2020/09/28

妹さん・・・ひどすぎる

きゃう!:ろびん 2020/09/29

本当に表紙で損している作品だと思います、危うく読み飛ばすところでした。 レビ…

このページの先頭へ