ホーム > コミック一覧 > 愛へ向かう旅

Romance ロマンス

愛へ向かう旅

愛へ向かう旅

総合病院の理事長の娘オリビアは、19歳のとき恋に落ちた。相手はインターンの、グラント・マディソン。オリビアの父はしがない若者の彼を毛嫌いしていたが、ふたりは強い反対を押し切って結婚した。結局、結婚生活は10か月しか持たなかったのだが…。それから8年、友人の結婚式で偶然再会したふたり。あの頃と変わらぬ魅力をたたえて、彼女をダンスに誘うグラント。そんな彼に捨て去ったはずの熱情を感じてしまった彼女は、当惑のあまり彼の頬を派手に叩いてしまい!?

2.5 評価集計 21件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
4
 

評価3
2
 

評価2
8
 

評価1
4
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 450円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

愛へ向かう旅 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

つまらない 評価1 1

この作者さんの作品は結構好きなのですが、残念ながらこの作品は時系列が分かりにくいし感情の起伏が激しすぎて面白みがなかったな。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】面倒くさいけど 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
好みではないのですが 評価3 3

絵が、ちょっと苦手な作家さんなのです。♡2つだと思いましたが、大団円の慈愛に満ちたお父さんの微笑みで、一つ追加です。この作家さんオジサンを書くのが上手ですね。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

原作がよみたい:ままん 2020/07/12

話としては面白いけど作画が受け付けない 漫画だからどんなバランスでもアリなん…

オチが!:まーちゃん 2020/07/11

久しぶりに大円団という結末の作品でした。ヒーローヒロインともに恵まれない家…

どういう神経でしょうか:まーちゃん 2020/07/11

子供の病気とその重いテーマで読者の同情を買い、ヒロインのやってることをなし…

何故でしょう?今迄で1番好き:マアサ 2020/07/11

この作家さんのお話は、ヒーロー、ヒロインの表情が謎めいていたり思わせぶりな…

ピアニスト:まーちゃん 2020/07/11

ヨーロッパ一と言われるピアニストがあっさりと辞められたものだとちょっと信じ…

ある意味、悪女。:ハク 2020/07/11

ヒロインが独りよがり過ぎ。悲劇のヒロインに酔ってるだけ。。 相手の気持ちも考…

みんな一緒ですね:pirorin224 2020/07/11

私も子供の年齢的な違和感が気になって気になってw 最初着ぐるみパジャマ?着て…

絵は綺麗:もも 2020/07/10

でもそれだけ…… お話はなんだかよくあるというか、なんか拍子抜け。

気に入りました:シトラス 2020/07/11

ちょっと自分に自信がないヒロインだけど、そのヒロインに惹かれるヒーローもと…

原作未読です:シトラス 2020/07/11

ちょっと重い内容のハーレクインだとは思いますが、美しい画とドラマチックな展…

このページの先頭へ