ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ゲイル・ウィルソン

検索結果

ゲイル・ウィルソンGeyle Wilson

ゲイル・ウィルソン

リンダ・ハワードも〝絶妙な会話のセンスといい、個性豊かな人物設定といい、読者をストーリーに引き込むすべを心得ている〟と絶賛する実力派。その作品は、映画のようにドラマティックでありながら緻密なプロット、ホットなラブシーン、オトナな主人公たちの繰り広げる恋模様、と幅広い魅力にあふれている。おもにシルエット・ラブストリーム、ハーレクイン・ヒストリカルで活躍中。 ロマンス小説の最高峰とされるRITA賞に6回ノミネートされ、2度の受賞歴を誇るゲイル・ウィルソンだが、教師、妻、母親の三役で大忙しだった頃は、ロマンス作家になろうとは夢にも思わなかったという。しかし、根っからのロマンス小説ファンで、良書を読むことで日常のストレスを忘れたかったという。国語と歴史の教師である彼女にとって、手の空いた時間にヒストリカル・ロマンスを書いてみるというのは、自然の流れだった。処女作がハーレクイン・ヒストリカルから刊行され、1995年のRITA賞ベスト・ファースト・ブック賞の最終候補作となる。以来、ハーレクイン社から短編をあわせて40冊以上を発表している。 RITA賞に初めてノミネートされた後も、 1999年、2000年、2001年、2004年に同賞の最終候補作に選ばれ、2000年にはベスト・ロマンティック・サスペンス短編賞、2004年にはベスト・ロマンティック短編賞を受賞した。他にも50を超える受賞およびノミネート歴がある。

検索条件

検索結果

  • 14タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

絵がきれい:れん 2020/11/26

「仰せのままにキスを」の関連作品なのですね。物語の展開もよく、ハーレクイン…

は?:ぷーすけ 2020/11/25

なんだこりゃ。酷すぎて理解不能でした。 今まで読んだハーレクインの中でぶっち…

精密過ぎです葛城先生:かっぴぃ 2020/11/26

葛城先生の作品の大ファンで、雑誌を購入し読みました。別サイトになりますが電…

ドラマチック:かっぴぃ 2020/11/26

緒方先生の作品でしたので別サイトですが購入、読ませていただきました。ヒロイ…

無垢だけど強か:かっぴぃ 2020/11/24

早坂いあん先生のファンです。別サイトで購入、読ませていただきました。早坂先…

読み応えあり:れん 2020/11/26

夢中になって一気に読みました。物語の構成もよく、心理描写も秀逸で思わず感情…

親の話出てた??:しまねけんみん 2020/11/24

読み直したけど。 一言文字で書いてあっただけのような。 原作もってわけはない…

絵がひどい:しまねけんみん 2020/11/24

内容が頭に入ってこなかった。。

めんどくさ:しまねけんみん 2020/11/25

読むのも理解するのも めんどくさい人たちの話。

作者さんは大好きだけど:しまねけんみん 2020/11/24

このヒロインの、女児のような 幼さを通り越した馬鹿さ加減に なぜヒロインが惚…

このページの先頭へ