ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ゲイル・ウィルソン

検索結果

ゲイル・ウィルソンGeyle Wilson

ゲイル・ウィルソン

リンダ・ハワードも〝絶妙な会話のセンスといい、個性豊かな人物設定といい、読者をストーリーに引き込むすべを心得ている〟と絶賛する実力派。その作品は、映画のようにドラマティックでありながら緻密なプロット、ホットなラブシーン、オトナな主人公たちの繰り広げる恋模様、と幅広い魅力にあふれている。おもにシルエット・ラブストリーム、ハーレクイン・ヒストリカルで活躍中。 ロマンス小説の最高峰とされるRITA賞に6回ノミネートされ、2度の受賞歴を誇るゲイル・ウィルソンだが、教師、妻、母親の三役で大忙しだった頃は、ロマンス作家になろうとは夢にも思わなかったという。しかし、根っからのロマンス小説ファンで、良書を読むことで日常のストレスを忘れたかったという。国語と歴史の教師である彼女にとって、手の空いた時間にヒストリカル・ロマンスを書いてみるというのは、自然の流れだった。処女作がハーレクイン・ヒストリカルから刊行され、1995年のRITA賞ベスト・ファースト・ブック賞の最終候補作となる。以来、ハーレクイン社から短編をあわせて40冊以上を発表している。 RITA賞に初めてノミネートされた後も、 1999年、2000年、2001年、2004年に同賞の最終候補作に選ばれ、2000年にはベスト・ロマンティック・サスペンス短編賞、2004年にはベスト・ロマンティック短編賞を受賞した。他にも50を超える受賞およびノミネート歴がある。

検索条件

検索結果

  • 14タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

漫画家さんを尊敬:セーラ 2020/09/24

初めて原作を読んでからのコミックでした。原作はそりゃもうヒストリカル昼メロ…

BL漫画家なの?:杏 2020/09/24

いくらなんでもヒロインが極端な巨乳すぎて色気がない。 体つきにしても、丸太み…

久々にヒット:ハワイアン 2020/09/24

最初はバイオリストになっていく シンデレラストーリーかなと読んでいたけど、 …

ハーレではないです:みーさん 2020/09/24

サスペンスと恋愛、ハラハラドキドキしながら、まさに映画を見ていたような読後…

分からない:ふくふく 2020/09/24

このヒーローのどこに 愛せるところがあったのか 1ミリもわからない

とにかく読んでみて:ぽむぽむ 2020/09/23

この感動は、読めば分かる。言葉にならない…。

重厚なサクセスストーリー:kenken 2020/09/24

幼かったヒロインが、年月を経てたくましく魅力的になっていくところがとても良…

ヒーローが特にいい:ミミ 2020/09/24

毎回同じようなお話のベティニールズ作(申し訳ない。決して嫌いではないんです…

ふたりとも可愛い:ゆず 2020/09/22

なんとも珍しい感覚でした。 でも、主役の二人がいじらしくて 可愛かったですね。

ダッシュウッド家の長女エリナーは貴族の青年エドワードと出会い...:つつつ 2020/09/24

かよちゃんさんのおっしゃる通り、あらすじに、ダッシュウッド家の長女エリナー…

このページの先頭へ