ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ジュディス・アーノルド

検索結果

ジュディス・アーノルドJudith Arnold

ジュディス・アーノルド

アリエル・バークというペンネームで作家デビューを果たし、日本では1986年の「恋の特効薬」(D-167)が初刊行作品。87年にはジュディス・アーノルドとしての作品が日本でも刊行される。本名はバーバラ・キーラー。 1953年ニューヨークに生まれ、アルファベットを覚えはじめたころから自分で物語をつくるのが好きだったという。大学時代に書いた戯曲がコンテストで認められ、本格的に劇場向けの戯曲を書き始めたのが、作家を職業として考えるようになったきっかけだった。 大学時代に知り合った科学者の夫セオドアと、二人の息子とともにマサチューセッツ州に住む。ニュー・イングランド地方と呼ばれる周辺の一帯は、森林や湖が多い風光明媚な土地にイギリスをしのばせる落ち着いた町なみが開け、地域独特の独立した気質にあふれている。小説の舞台としても最適だという彼女は、自分も小説の登場人物たちも、こんなすばらしい土地に住めてラッキーだと語る。 趣味はピアノとギターの演奏で、地元のコーラスグループにも所属している。すでに50曲以上作曲したという彼女は、作家になっていなければ歌手になりたかったという。 自分の作品の中で一番気に入っているのは、1998年刊行の「愛に癒されて」(S-351)。ファンレターから、もっとも読者に影響を与えた本なのではないかという手応えを感じており、誇りに思っている作品だという。 私生活でのロマンスはと尋ねられると、“結婚とは冒険で、成長と発見の連続です。そうある限り、何度も恋に落ちるでしょう”と語る彼女は、愛する夫と、成長しあえる関係を保っているという。

検索条件

検索結果

  • 1タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

立ち読み(無料)で終わり:UMIYASHI 2020/09/27

画力が拙すぎて話しになりません。このデキは原作者がかわいそうですよ…雑誌でも…

傲慢か一途か:むんちゃん 2020/09/27

ヒーローがどんな人なのか判断するのに時間がかかりました。でも何故か引き込ま…

ヒロインが好きではない:いお 2020/09/27

元婚約者に対しての仕打ちが酷すぎる。 母親への評価も他人にスノッブとか言っち…

ヒロインのネガティブ思考に今後も苦労しそう:LLL 2020/09/26

ヒーローは男性として完璧。だからついヒロインの欠点が目に付いてしまう。ネガ…

ヒーロー、ヒロインが素敵!:みっきー 2020/09/27

元々橘先生のヒーローが超好みで単行本で追いかけてたんですが、どこでも観れる…

コミックスの方が好きかな:sakura 2020/09/27

原作はとっても面白いけど仕事仲間が全員亡くなってヒロインだけ生き残って最後…

アッサリ:さわだ 2020/09/26

立ち読みで続きが気になって購入。 結末アッサリしすぎて拍子抜けしました。

途中までは面白かった…けど:きゃろる 2020/09/25

ヒーローもヒロインも恋愛感情に目が曇りまくってて冷静に状況を判断できていな…

何と言うか:ささみみ 2020/09/25

ハッピーエンドだけどハッピーエンドじゃないって言うか…前半は読んでいて切なく…

2巻で読みごたえ十分!:kou 2020/09/25

日替わりセールスになっていたので、1,2巻読みました^^ だんだんと紐解か…

このページの先頭へ