ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ジュディス・アーノルド

検索結果

ジュディス・アーノルドJudith Arnold

ジュディス・アーノルド

アリエル・バークというペンネームで作家デビューを果たし、日本では1986年の「恋の特効薬」(D-167)が初刊行作品。87年にはジュディス・アーノルドとしての作品が日本でも刊行される。本名はバーバラ・キーラー。 1953年ニューヨークに生まれ、アルファベットを覚えはじめたころから自分で物語をつくるのが好きだったという。大学時代に書いた戯曲がコンテストで認められ、本格的に劇場向けの戯曲を書き始めたのが、作家を職業として考えるようになったきっかけだった。 大学時代に知り合った科学者の夫セオドアと、二人の息子とともにマサチューセッツ州に住む。ニュー・イングランド地方と呼ばれる周辺の一帯は、森林や湖が多い風光明媚な土地にイギリスをしのばせる落ち着いた町なみが開け、地域独特の独立した気質にあふれている。小説の舞台としても最適だという彼女は、自分も小説の登場人物たちも、こんなすばらしい土地に住めてラッキーだと語る。 趣味はピアノとギターの演奏で、地元のコーラスグループにも所属している。すでに50曲以上作曲したという彼女は、作家になっていなければ歌手になりたかったという。 自分の作品の中で一番気に入っているのは、1998年刊行の「愛に癒されて」(S-351)。ファンレターから、もっとも読者に影響を与えた本なのではないかという手応えを感じており、誇りに思っている作品だという。 私生活でのロマンスはと尋ねられると、“結婚とは冒険で、成長と発見の連続です。そうある限り、何度も恋に落ちるでしょう”と語る彼女は、愛する夫と、成長しあえる関係を保っているという。

検索条件

検索結果

  • 1タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

どう言うこと:あかい 2022/12/08

双子の姉妹なのに、姉が自分本位でウンザリ。ベルが必死で姉を庇うことは、姉に…

すっきりしない:ホワイトニコチア 2022/12/08

なぜヒロインは捨てられたのか、納得できる理由ではありませんでした。

絵は我慢した:るしあん 2022/12/08

でも、双子設定のジェシカが気になって探して見つけました。 「運命の人を探して…

誠実なヒーロー:グラハム 2022/12/08

冒頭の激しい描写に驚き、この先の展開が読めなくてハラハラしましたが、五年後…

本当の幸せを掴んで欲しい!:グラハム 2022/12/08

自分の母親が一体どんな人物だったか。それをよく知るヒロインは、検事という職…

永遠の愛:グラハム 2022/12/08

この作品を初めて読んだ時、白黒の世界が全てカラーに見えるという不思議な経験…

泣けた~:もも 2022/12/08

わんこたちや家政婦さん、妹や婚約者など、脇役の描かれ方が素敵でした。ヒーロ…

ヒーローが当たり散らすのも仕方ないか…:なの 2022/12/08

事故で体が麻痺して絶望感に苛まれてる心身共にボロボロの状態で、いきなり隠し…

普通なら距離を置きそうなのに…:とっと 2022/12/08

隣人のヒロインのうっかりで、2回も火事騒ぎに巻き込まれたのに好きになっちゃ…

GODIVAといえども:ネル 2022/12/08

ヒロインがふたまたかけているふたりのBFからのドラッグストアで買ったチョコに…

このページの先頭へ