ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ジュリー・E・リート

検索結果

ジュリー・E・リートJulie Elizabeth Leto

ジュリー・E・リート

2000年5月の日本デビュー以来、ハーレクイン・テンプテーションおよびハーレクイン・ブレイズで活躍する人気作家。 フロリダ州タンパ出身。強い絆で結ばれたイタリア系一家に生まれ、決して夢をあきらめないことを学んで育った。 16歳のころからロマンス小説の愛読者だったジュリーは、サウス・フロリダ大学大学院在学中に創作を始める。卒業後、まずはタンパで、のちにアトランタでカトリック系高校の英語教師として働きながら執筆を続けた。夜や週末だけでなく、学校の休み時間等を使い、文字どおり寸暇を惜しんで書きつづける日々。厳格なカトリック系高校で教えていたにもかかわらず、現在は最もセクシーな作品を扱うシリーズで小説を発表していることになる。 家業を手伝うため1996年に教職を辞し、夫とともに生まれ故郷のタンパに戻ってからは執筆にあてられる時間も大幅に増えた。翌年にはハーレクイン社から連絡があって、めでたく「再会はワインの香り」(T-420・2002年3月刊)でデビューすることが決定した。ほぼ同時に、かわいらしい女の子も授かり、現在は作家業と母親業に追われる忙しい毎日を送っている。執筆を続けるうちに気づいたのは、自分の持ち味が官能的でセクシーなストーリー展開にあるということ。テンプテーションやブレイズといった、まさにぴったりの活躍の場を得て、独自の作風に磨きをかけている。 小説の舞台として好んでいるのは、生まれ育ったフロリダ。だが最近では、シカゴやロサンゼルスといった、刺激と魅力にあふれた大都市を舞台にした作品にも挑戦するようになった。同じハーレクイン社のシリーズではテンプテーションやブレイズがお気に入りだが、自分と関係の深いシリーズだからというだけでなく、都会的でセクシーなストーリーが個人的に大好きだからだという。 好きな映画は、ハリウッドの人気俳優ケビン・コスナー主演の「ロビン・フッド」。愛に忠実なヒーローと強く賢いヒロイン、そしてアクションにユーモアにロマンスとすべての要素がそろったストーリーは魅力的で、ケビン・コスナーのイギリス風アクセントが今ひとつなのもまったく気にならないと語る。

検索条件

検索結果

  • 2タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

亡き夫に瓜二つ:むんちゃん 2022/05/17

最愛の夫が亡くなって5年。ヒロインは悲しみから少しずつ抜け出そうとしていまし…

別ジャンルに分けてほしい:ろびん 2022/05/17

こういう試みは若い世代を取り込む為にハーレでもありなのかなとは思うけど、ハ…

原作未読です:しまねけんみん 2022/05/17

なので、全く不満は感じませんでした。セアラいい子だなー。Maryもめっちゃかし…

レビュー最高!:キャシー 2022/05/16

私もちょっとまって、神聖な祭壇のものを〜 と思いましたが。レビューが面白くて…

ウブなヒロイン:むんちゃん 2022/05/16

慈善事業でお年寄りや病気の方の生活を助けていたヒロインはウブだけど自分の考…

ヒーローの深い愛に胸が締め付けられます✨:らいな 2022/05/17

ヒロインの心の叫びが痛いほど突き刺さります。誠実なヒーローの正直なあふれる…

時代とはいえ、ヒストリカルの男って…:LLL 2022/05/16

この話の男達ってダメ男すぎない?なのにそいつ等を好きになる都合のいい女性が…

一つ間違えたらヒロインの命がなかった。:あかい 2022/05/16

主役の二人はまあ、良かったと思う。けどメリッサと異父兄に愛情などある?そう…

大人のおとぎ話:むんちゃん 2022/05/16

王子様とお姫様はいつまでも幸せに暮らしましたとさ。めでたし、めでたし。まる…

大金持ちじゃん!:ぴりり 2022/05/16

ヒロイン、ヒーローパパに手切金として500万ポンド(何億だ〜?)もらってるのに、…

このページの先頭へ