ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > トーリ・フィリップス

検索結果

トーリ・フィリップスTori Phillips

トーリ・フィリップス

1997年8月に刊行された「道化師は恋の語りべ」(HS-21)でデビューを果たす。以来、98年4月刊「沈黙の騎士」(HS-38)、99年5月刊「身代わり婚約者」(HS-64)と順調に執筆を重ね、ハーレクイン・ヒストリカルの人気作家となる。 幼いころから、手紙、日記から記事や詩にいたるまで書くことが好きだったトーリの文章がプロとして初めて世に出たのは、ティーン雑誌に書いた記事だった。サンディエゴ大学で演劇を専攻したのちMGMスタジオに所属し、ミュージカルや映画にも出演した経験を持つ。同時に書くことも続け、長年の試行錯誤のすえに四本の戯曲が出版されることとなる。 夫が海軍に所属していたため、1970年から74年は駐屯地であったイギリスで暮らす。娘が結婚し、息子も独立して家を出た91年、彼女は当時勤めていたカイロプラクティック・オフィスのマネージャーの仕事を辞め、本格的に作家を目指す。初めはミステリー作家になりたかったというトーリの処女作は男女の探偵が登場する作品で、読んでもらった友人にロマンス色が強いと評されたのがロマンス作家になることを考えるきっかけになったと語る。94年に初めて採用されたのが「道化師は恋の語りべ」だった。今でも、この作品が一番気に入っているという。 余暇には、読書やアイススケートを楽しむ彼女は、愛する男性とロマンティックな関係を持続させる秘訣をこう語る。“キャンドルを灯し、ディナーをゆっくりと楽しむこと。わたしと夫は週に5、6回は実践しています!”現在は、夫とともにバージニア州に暮らす。

検索条件

検索結果

  • 8タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

頑なすぎのヒロインに疲れる…:くまくま 2021/10/21

母親が2度もお金持ちに捨てられて苦労していたので、お金持ちは皆んなひとでな…

安心して読める大人の恋物語:グラハム 2021/10/21

誰一人として悪人の登場しない、滑らかな絹のように穏やかな物語でした。全てに…

いつも心は半開きヒロイン:あかい 2021/10/20

関係を持って3年音信不通って、でも愛してたって?多分、その時はそんなに心に心…

ヒーローの想像力って…:ぴりか 2021/10/20

よくあるヒロインが父親の横領を庇って揉み消すための愛人契約パターン(笑) 横…

ちょっと期待はずれかも………:くまくま 2021/10/20

冒頭、小越先生らしく、クスッと笑えるシーンはあるものの、読み進めていくうち…

女同士の汚いぶつかり合い:みむら 2021/10/20

妹との罵り合い、実母がなぜ姉だけ辛く当たるのか、すっきりしないまま終わって…

絵は綺麗:くまはくまた 2021/10/21

絵は綺麗 話は先が読める展開で、メデタシメデタシというよりメチャクチャなご家…

スカッと話:yuーka 2021/10/19

まず、相変わらず絵が麗しい。ヒーローの叱られた仔犬みたいなシュン顔も萌えポ…

ちょっと微妙:kou 2021/10/20

高評価だったので購入してみましたが…。ヒロインが抱えていた仕事のプロジェクト…

若すぎた二人:むんちゃん 2021/10/19

あ~面白かった。若い二人は情熱はあるけれど互いの価値観を理解する時間を持た…

このページの先頭へ