ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > トーリ・フィリップス

検索結果

トーリ・フィリップスTori Phillips

トーリ・フィリップス

1997年8月に刊行された「道化師は恋の語りべ」(HS-21)でデビューを果たす。以来、98年4月刊「沈黙の騎士」(HS-38)、99年5月刊「身代わり婚約者」(HS-64)と順調に執筆を重ね、ハーレクイン・ヒストリカルの人気作家となる。 幼いころから、手紙、日記から記事や詩にいたるまで書くことが好きだったトーリの文章がプロとして初めて世に出たのは、ティーン雑誌に書いた記事だった。サンディエゴ大学で演劇を専攻したのちMGMスタジオに所属し、ミュージカルや映画にも出演した経験を持つ。同時に書くことも続け、長年の試行錯誤のすえに四本の戯曲が出版されることとなる。 夫が海軍に所属していたため、1970年から74年は駐屯地であったイギリスで暮らす。娘が結婚し、息子も独立して家を出た91年、彼女は当時勤めていたカイロプラクティック・オフィスのマネージャーの仕事を辞め、本格的に作家を目指す。初めはミステリー作家になりたかったというトーリの処女作は男女の探偵が登場する作品で、読んでもらった友人にロマンス色が強いと評されたのがロマンス作家になることを考えるきっかけになったと語る。94年に初めて採用されたのが「道化師は恋の語りべ」だった。今でも、この作品が一番気に入っているという。 余暇には、読書やアイススケートを楽しむ彼女は、愛する男性とロマンティックな関係を持続させる秘訣をこう語る。“キャンドルを灯し、ディナーをゆっくりと楽しむこと。わたしと夫は週に5、6回は実践しています!”現在は、夫とともにバージニア州に暮らす。

検索条件

検索結果

  • 8タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ツッコミどころだらけなのに癖になる:ガリガリ君 2021/07/25

導入部からツッコミどころだらけで(特にエロ小説みたいな契約書、あんなの見た…

うーん。これってハーレクインですか?:ベルガモット 2021/07/25

ストーリーにぎこちなさがあって、なんか酷い。母が亡くなったばかりなのに、思…

恋愛と勝負ごとに関して:むんちゃん 2021/07/25

ヒーローに傷付けられ嘆くヒロインだけど、最初から「恋愛と勝負ごとに関しては…

えっ…。:ベルガモット 2021/07/24

ヒーローには、狂気を感じる。カウンセリングを受けた方がいいのではないか?変…

ヒーロー誠実でいい人だった✨:なの 2021/07/24

傲慢ヒーロー慣れしてたから、誠実なヒーローが出てくると胸がトキメキます〜(*≧…

ヒーローにモヤモヤ:とっと 2021/07/24

ヒロインを見下すような上流階級の女性のことを、ヒーローただのビジネス上の付…

かわいいお話だと思います。:ももはちろう 2021/07/24

明るい雰囲気とテンポで読みやすく、相手を思う気持ちも好感が持てて読み終わり…

忘れられぬ抱擁:下手すぎる〜 2021/07/23

出版していいレベルじゃないです。 原作者に失礼では?

う~んまぁ、でしょうね:あかい 2021/07/23

原作が問題なのかしら?まず、関係を持つなら、離婚後か別人ならいいけど、血縁…

1ヶ月後の楽しみ方が異常(笑):しまねけんみん 2021/07/23

クッキーのくだり。 よほど楽しみだったのね(笑) おもしろかった。何度も読める…

このページの先頭へ