ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > リズ・フィールディング

検索結果

リズ・フィールディングLiz Fielding

リズ・フィールディング

ロマンス小説界の最高峰と言われるRITA賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る実力派作家である。イングランド南部バークシャー出身。1999年7月の日本デビュー以来、多数の作品を発表し続けており、高い人気を保っている。 リズが作家になった経緯には、母親の影響が大きいという。「母は私がまだ年端もいかない時分から本の読み聞かせをしてくれました。少し大きくなると『若草物語』『赤毛のアン』といった名作を買い与えてくれて、私はそれらを表紙がぼろぼろになるまで読みふけったものです」 最愛の夫ジョンとは、お互いにアフリカで働いているときに出会った。結婚後はアフリカや中東で約十年間を過ごし、その間にエイミーとウィリアムという子供をもうけた。やがて一家はイギリスに戻るが、エンジニアの夫がしばらく海外出張に忙しい日々が続いたため、リズは寂しさをまぎらそうとロマンス小説の執筆を始めた。処女作は、夫との出会いの地アフリカを舞台にした作品。長年の結婚生活においても、お互いの存在を当たり前だとは思わずに、常に「アイ・ラブ・ユー」と伝えあう関係だという。 趣味は読書とガーデニングとスイスチョコレートを食べること。 新しい本の詰まった箱が家に配達され、ふたを開けてインクと紙の香りを楽しむ瞬間が至福のときだという。 子供たちは成長して家を出たため、現在は夫と二人でウェールズ地方の小さな村に住んで、アーサー王や円卓の騎士などの伝説に彩られた美しい風景を満喫している。 リズはロマンス作家としての抱負をこのように語る。「魔法にかかったみたいにすてきなストーリーを書いて、読む人にこの本を選んでよかったと思ってもらえるような作品を生みだしていきたいと思います」

検索条件

検索結果

  • 28タイトル
  • 2ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1 2

<< 前へ

1 2

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

なんて爽やかで素敵なストーリー✨:えば 2022/10/06

ヒロインが花火師という設定で、理数系の話題で盛り上がるシーンが新鮮でした(笑…

言い訳なんていらない:グラハム 2022/10/06

抗えない運命のようなタイミングで再会し、共に過ごす事に決めた二人。最初は様…

ヒール役が:なちゅられ 2022/10/05

ヒール役が出張りすぎてるし、どうしてそこまでヒーローに執着してるのか。いっ…

賠償金の行方…:kiddy 2022/10/06

ヒロインは、逃げ出してしまった結婚式の賠償金を小切手で送ったけど、ヒーロー…

家族愛とは?:ろびん 2022/10/05

1つ目のお話は完全に受け付けませんでした、無理。なんの罪もないヒロインを犠…

絵が好み:もも 2022/10/04

高潔なヒーローの立ち姿が素敵です。キラキラしているわけではないけれど、吸い…

いきなりの展開(笑):Tomi8  2022/10/06

ヒーローに自分の想いを告げに行くのに、ヒロイン何で急に踊り出す演出?(笑) ス…

話しは素敵です~:ももはちろう 2022/10/02

ストーリーとか話の運びとかはとても素敵です。気になるのは母親とお姉さんは絵…

私が家族なら。:しまねけんみん 2022/10/02

こ、、このエンドこそ、まじでもう、家族の絆は完全にキレるだろうと思います。…

えー、私は涙出たー:しまねけんみん 2022/10/05

屑揃いの一家だけど、純粋無垢なヒロインの前に少しずつみんなも人間性を取り戻…

このページの先頭へ