ホーム > 小説一覧 > 小説著者一覧 > ヴァレリー・パーヴ

検索結果

ヴァレリー・パーヴValerie Parv

ヴァレリー・パーヴ

オーストラリア在住の作家。日本デビューは1986年刊行のハーレクイン・イマージュの作品で、その後イマージュだけでなく、シルエット・ロマンスでも数多く作品を発表して着実な人気を得ている。 ヴァレリーはもともとはノンフィクションや新聞のコラムといった分野で活躍していた。作家としての地位を確立し、ノンフィクションの刊行作品が18冊に及んだ時点で、“社会的な問題を追うのもいいけれど、そろそろ自分の大好きな世界を書いてみてもいいかもしれない”と思ったという。幸いにも、ロマンス小説家になることがいかに厳しく競争の激しいものかを知らなかったために、彼女はためらうことなくその世界に飛び込み、みずからが読みたいと思うような作品を次々と生み出していった。 故国の豊かな自然と美しいビーチをこよなく愛するヴァレリーは、作品の舞台にしばしばオーストラリアを選ぶ。オーストラリア中を旅して知ったすばらしさを、どうしても読者と共有したいのだという。また、グレートバリアリーフに代表される美しい南太平洋の自然にインスピレーションを得て、ストーリーの中で架空の国を創造した。シルエット・ロマンスで人気のミニシリーズの舞台、カラメール公国である。“架空の国を作る際に最も楽しい作業は、その国の法律などを一から考えることです”と語る。 以前はクロコダイル・ハンターをしていて、現在は漫画家である夫ポールとは三十年以上連れ添った仲。彼はヴァレリーの思い描くヒーローそのものだという。ポールはその技能を生かして、ヴァレリーの本に挿絵を描いたことも。現在二人は、長年住み慣れたシドニーを離れ、首都キャンベラに居を構える。ヴァレリーいわく“ここは理想的な環境です。都会に住むことで知的刺激を受けられると同時に美しさと静けさに満ちた田園地帯のよさを味わえるのですから”また、創作活動への関心が高い都市でもあり、キャンベラ大学で創作講座を受け持っているヴァレリーは、ちょっとした有名人だという。

検索条件

検索結果

  • 5タイトル
  • 1ページ
  • 1ページ目
<< 前へ

1

次へ >>
<< 前へ

1

次へ >>

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

よくあるストーリーだけど…:なの 2021/12/03

絵が綺麗でストレスのない構成で、さわやかな読後感を味わえます(笑)

デミタスコーヒーください:kou 2021/12/03

甘ずっぺぇぇぇぇぇぇぇぇえぇぇぇぇぇぇ。

ゴージャスな雰囲気✨:BD 2021/12/03

ヒロインは可愛くてセクシー。ヒーローは熱くてちょっと傲慢。上から目線の傲慢…

赤薔薇の演出が胸キュン✨:BD 2021/12/03

『愛なきウエディングベル』シリーズものの弟編でした。定番のハーレクインのお…

ハーレらしいハーレ:ガリガリ君 2021/12/03

この手の話はよくあるパターンですが、バランスが非常に難しいと思います。ヒロ…

ときめく要素が見当たらない…:ぴりり 2021/12/02

絵は綺麗で読みやすいんだけど、いまひとつロマンス感が漂ってこないというか… …

マンハッタンからオーストラリアの奥地へ嫁ぐ:むんちゃん 2021/12/02

ヒーローの元を強引に飛び出したヒロインは若くて未熟な都会人だという印象でし…

結局わがままでトラブルひきよせまくり:しまねけんみん 2021/12/02

ヒロイン、、わがまま過ぎやしませんか。周りの心配もムシして、自分のエゴ、エ…

やっぱり素敵♡:グラハム 2021/12/03

前作『花嫁は金の鳥籠に囚われ』にも少しだけ登場していた弟、サノスの物語です…

色気が駄々洩れ~:グラハム 2021/12/03

何と言ってもヒーローの色気が半端ないです!ヒロインの初恋の相手であるヒーロ…

このページの先頭へ