ホーム > 小説一覧 > 悪妻にご用心

悪妻にご用心

悪妻にご用心

亡き父の跡を継ぎ、ジュリアは傾きかけた会社の経営者となった。3年にわたる努力が身を結び、今では経営状況は持ち直して、折しも社運のかかった画期的な新製品の開発が進んでいる。だが、その中心を担う優秀な化学者アレクサンドルに問題が起きた。弁護士であるジュリアの兄によれば、それを解決できるのはジュリアだけだという。兄から告げられた突飛な提案に、ジュリアは思わず耳を疑った。かつて恋人に裏切られて以来男性不信に陥っている私に、アレクサンドルと便宜結婚しろというの?

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

悪妻にご用心 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

愚かすぎるヒロイン 評価3 3
ハーレクイン ライブラリで購入済み

テンポ良く進み、最初の方などはそこそこ面白いのに、ヒロインの言動が不自然なほどに愚かです。過去についても、ひどく安っぽく品もない男を信じ続けて裏切られるということも、ある程度以上の懸命さがあればなかったでしょう。現在においても、本物の結婚を望むというのを承知しておきながら、屁理屈にさえならないことを言って逃れようとし、相手が悪いかのように怒る。本の中のことでしかないけれど、気分が悪かったです。 これで社長は務まらないだろうとも思います。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

クリスマスシーズンにピッタリ!:UMIYASHI 2020/10/29

セリフのやり取りが多く少々疲れてしまいましたが、読後感は良かったです。青鹿…

イマイチ:mametaku 2020/10/29

ハーレと言うより少女マンガ

原作よりいい♥️:りんご 2020/10/29

原作は、良い話だけれどあっさりしすぎ、という感覚でした。 絵がきれいで、余韻…

罠:むんちゃん 2020/10/27

読み終えて微笑ましい気分になりました。罠に落ちたヒロインとヒーローが愛おし…

ヒーローの女運の悪さが気の毒になるレベル:LLL 2020/10/27

元妻の悪女っぷりは言うまでもなく、十代の頃の人妻、ナチュラルに自分本位なヒ…

傲慢ヒーロー:ハル 2020/10/27

ベディ・ニールズは大好きなので、結構な数を読んでいますが、ここまで思わせぶ…

ヒーローがかわいい:ろびん 2020/10/27

復讐系ヒーローには珍しく、ヒーローがなんだかかわいくて楽しく読めました。ハ…

終わりよければすべてよし(?):kou 2020/10/26

ハッピーエンドで良かったけれど、義姉妹のクレシ―は少し痛い目にあってほしかっ…

長編サスペンス:むんちゃん 2020/10/26

読みごたえのある長編サスペンスでした。複線が張り巡らされていて、とても面白…

これで終わり??:風吹 2020/10/25

この先生の作品は必ずしも結末までぶっとぶわけではないので、恐らく原作に対し…

このページの先頭へ