ホーム > 小説一覧 > 真夜中のオフィス

真夜中のオフィス

真夜中のオフィス

リンゼーは探偵事務所で深夜にテープ起こしの仕事をしている。毎晩テープを聴くうちに、声でしか知らないボスのネイトに淡い恋心を抱くようになった。ある晩、彼女一人のはずのオフィスに人声が響く。それは紛れもなく憧れのネイトの声なのに、目の前には尊大な態度で横柄な物言いをする男性が立っていた。密かに思い描いていたボス像はもろくも崩れ去った。しかもリンゼーの名前すら知らないにもかかわらず、彼は強引に、週末だけ妻になってほしいと頼んできた!

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
2
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

真夜中のオフィス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

普通… 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

調査会社が舞台という事で、てっきりサスペンスかと思って読み始めたがそういうことではなかった。わりと普通の職場恋愛…かな?最初の調査の終わり方から、もの凄い駄作なのでは?と途中思ったがちょっと我慢して読むと二人の仲がどんどん縮まり急速にラブラブになっていき、読後も悪くない。脇役のキャラ説明が多く、スピンオフもありそうだけどどうしても読みたい!と思わせるほどではない。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

先が読めてしまいましたが:リンちゃん 2019/10/14

ヒーローが素敵なのがハーレクインの特色でもあるのですぐに判明してしまいまし…

立場を交換:りんちゃん 2019/10/14

ヒーローの立場を交換するなんてなかなか面白い設定でした。プレイボーイ程、違…

ちょっとクリスマスには早いけど:リンちゃん 2019/10/14

いいお話でした~。古今東西いろいろなタイプの親がいますが、結局は子供次第で…

幸せになってよかった:あんこ 2019/10/14

山場はなだらかで、波風も立ったり止んだり。 母親は本当に実際よくいる虐待放置…

ごめんだけで:りー 2019/10/14

ヒロインにした事がチャラになって良かったね 普通ならこんなめんどくさい男はご…

夢のようなヒーロー:メリッサ 2019/10/14

良い!優秀な医師でシークで誠実な男で、って出来すぎwヒーローで素敵でした。や…

ヒロイン・・・:メリッサ 2019/10/14

めんどくさい女(笑) 堅物って、つまりバカってことなのね。ヒーロー、これか…

ボンクラヒーロー:なうしか 2019/10/13

セリフで全部説明。 ダメダメな舞台を観た疲労感。 家に住まわせる奴の危なさに…

安定した面白さ:つる⭐️りん 2019/10/13

ホークとジェーンの話を、シリーズ最後に読む事になりました。やっぱり、面白い…

なんだろう:ゆき 2019/10/14

画力がないわけでもないのに、全体になにやらダサイ感じが漂うのはなぜだろう。 …

このページの先頭へ