ホーム > 小説一覧 > 会議室の恋人

会議室の恋人

会議室の恋人

アマンダは社運を賭けたコンペに向かうため、最終便に駆け込んだ。そこで偶然にも隣席になったのはジャレド・ジェームズ――九年七カ月前、恋するあまり身を捧げようとしたアマンダを、容赦なく追い返した相手だ。罰として、忘れられないキスをして。彼女は祖父の前に突き出され、監獄のような女学院へ放り込まれた。みじめな青春時代を送るはめになったのは、彼のせいだわ!だがジャレドはアマンダの苛立ちを気にもとめず、今なら誘いに乗るよとささやき、欲望と軽蔑の目を向けてくる。アマンダは意思に反して高鳴る鼓動を抑え、冷淡に別れを告げた。だが翌日、命運を握るCEOとして現れたのはそのジャレドだった。■アマンダをわがままなお嬢様とみなして辛辣な態度をとるジャレド。彼女は屈辱を感じながらも仕事のために自分を抑えます。ところが二人が激しく衝突したとき、情熱に火がついて……。お待ちかね、ナタリー・アンダーソンの登場です!

4.5 評価集計 10件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
5
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

会議室の恋人 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】原作も良い! 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ほんと、泥棒ですね:メリッサ 2020/02/22

読んでみて、評価の悪い理由がわかりました。盗人猛々しい。このヒロインて泥棒…

読み応えあり:さぶちゃん 2020/02/22

ベテランの貫禄ですね。話の暗さと絵の繊細で地味な感じがベストマッチ。父親の…

意味不明としか:まーちゃん 2020/02/21

よくわからなかった。こんなに何度読んでも内容が把握できないハーレは初めてだ…

兄ちゃんに+1:さぶちゃん 2020/02/21

話はハズレなし。いかにもハーレーらしく絵もきれいで文句なし。とはいえ、感動…

良かった:ベルガモット 2020/02/21

ヒロインが10代でヒロインと父親の契約結婚の話を聞いていたなら、結婚から逃げ…

なんだかなー:さぶちゃん 2020/02/20

この設定多いですよね。セックスの専門家がバージンでしたってヤツ。でも専門家…

70%からですよ:にゃんこ 2020/02/20

ようやく犯人が見えてきますよ。最後は「やっぱりな~」っていう人物ですけどね…

う〜ん:ベルガモット 2020/02/20

絵が何となく古くさくて好きではありません。ヒロインが裸で出てくるところ、頭…

ベティ・ニールズのヒーロー:まーちゃん 2020/02/22

ベティ作品は、どれもヒーローの気持ちが今いち解り難いのが特徴ですが、他の作…

もっと他のやり方があったはず:まーちゃん 2020/02/20

絵も綺麗だし軋轢もまぁまぁわかる。でも一般市民ではなく王族なんだよね。無理…

このページの先頭へ