ホーム > 小説一覧 > 許されざる秘密

許されざる秘密

狼たちの休息シリーズ

許されざる秘密

十年前、たった五分間でレクシーの人生は一変した。アフリカの小国で、大統領の護衛と暗殺部隊との銃撃戦に巻きこまれ、背中を撃たれてしまったのだ。誰とも知れぬグレーの瞳の兵士に救われ、命は取りとめたものの、恐怖の記憶は長く脳裏に焼きついて消えることはなかった。そんな折、彼女の運営する慈善団体の建物に爆弾が仕掛けられ、不気味な脅迫が相次ぐようになる。不安を隠せないレクシー。そして急遽派遣されてきたボディガードのディークをひと目見た瞬間、不思議な思いに襲われた。わたしはこの人の瞳をどこかで見たことがある。彼はもしかして……。★人気連作「狼たちの休息」の26作目をお届けします。ビバリー・バートンが、読みごたえたっぷりの壮大なスケールで描ききったボディガードたちの闘いを、どうぞご堪能ください。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 800円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

狼たちの休息シリーズ

天使と野獣
ビバリー・バートン
天使と野獣
六年前、瀕死の重傷を負ったサム・ダンディーを見つけ、みずからの癒しの能力で救ったときからジニーはかなうことのない恋に身を焦がしていた。あのとき心にも傷を負ったサムは恩返しを誓いつつも、彼女の愛…
遥かなる呼び声
ビバリー・バートン
遥かなる呼び声
画家のジョアンナは曾祖母の日記と美しい指輪に心動かされ、四年前、ニューメキシコに移り住んだ。日記には、ある男性との悲恋が綴られていた。わたしもいつか日記に出てきたような男性とめぐり合い、真実…
瞳のなかの永遠
ビバリー・バートン
瞳のなかの永遠
契約内容:依頼人クレオ・マクナマラを護衛しつつ、彼女と性的関係を持ち、一年以内に子を授けること。警備会社のオフィスで、クレオはかろうじて涙をこらえた。結婚して一年以内に子をもうけよという大おじ…

許されざる秘密 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

色々考慮しても…:YU 2020/07/16

う~ん。 ちょっとだいぶ残念な感じですね。 『個人秘書の告白』のヒロインの…

はてな?:とむ 2020/07/15

これはシリーズものなのでしょうか?まったく意味不明のラストでした。誰ひとり…

なんだかねえ:tomy 2020/07/15

原作はどうだかわからないけど、この人のヒロインのスタイルがどれも気持ち悪く…

おでこ:杏 2020/07/15

2~3cmしかありませんが… 1ページ目からこれで読む気持ちが失せました。

記憶喪失ってこんなもの?:まーちゃん 2020/07/16

無料部分しか読んでないのですが、仮にも結婚していたのなら、いくら記憶を失っ…

見える方が厄介:トゥリシア 2020/07/15

目に見えないものを、五感で感じて。困難を乗り越えるチャンスをくれる人は数少…

作者の自己満足?:まーちゃん 2020/07/15

重篤な病気を扱う割に言葉が陳腐。生殖能力てなんですかね?動物じゃあるまいし…

読んでいて心温まる:れん 2020/07/16

作品でした。スーザン・フォックスといえば牧場が舞台。家族を失い辛い状況のヒ…

いじわるする人が悪人ですっきり:ネコネコ 2020/07/15

悪いやつは悪い‼️がはっきりしていて、最後はスッキリする話でした。良かった、…

水風船:YU 2020/07/15

水風船にしか見えなくて、だんだんストーリーが頭に入らなくなってきました。男…

このページの先頭へ