ホーム > 小説一覧 > 情熱のヴェネチア

情熱のヴェネチア

情熱のヴェネチア

ローラは久しぶりのバカンスでヴェネチアへ飛んだ。空港には、親友が手配してくれた出迎えが待っていた。ドメニコという名のヴェネチア育ちの男性だ。ロマンチストの彼は、この町の案内役にうってつけだった。陽光あふれる運河、迷路のような路地、歴史の香る町並み。一緒に観光名所をまわるうちに、ローラはいつのまにか恋に落ちていた。ドメニコも私に惹かれているのかしら。彼のことはまだなにも知らないけれど、このときめきを、はかないロマンスで終わらせたくない。★イマージュを代表する作家キャサリン・ジョージが、ヴェネチアの恋を美しく描きます。あのダイサート家の面々も久々に登場!★

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

情熱のヴェネチア のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヴェネチアにあこがれます 評価3 3

原先生のコミック版を読んでもう少し細かいところまで味わいたいと購入しました。どちらの作品も、ヴェネチアの異国情緒あふれる幻想的な雰囲気が思う存分味わえました。傲慢でもなくがつがつしてもいないゆったりとした優しい雰囲気の恋も素敵だなと思いました。大きな事件が何もないので、物足りなさがないわけではないのですが、読んでいて、ヴェネチアに一度行ってみたいと思ってしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

人として許せない:あかい 2022/01/19

ハーレーでは良くある傲慢ヒーローではあるが、こんな偏った性格では、とても夫…

私は好きだなぁ:ネコネコ 2022/01/18

ちょいちょいおとぼけやツッコミが入るのでテンポ良く面白かったです。 清々しい…

今どきのアラフォーって:romance queen 2022/01/18

ヒーローの描き方がまず間違ってますね。獣のように精悍でたくましいタイプとい…

記憶が戻って偏屈ヒーローに戻らなきゃいいけど…:らいな 2022/01/18

産まれたばかりの子が丸々し過ぎてて、ジャンボベビーだったんだなーと笑ってし…

ヒロイン兄の異常さに…:とっと 2022/01/18

ロマンス部分がぶっ飛びました…((((;゚Д゚)))))))

ストレスフリー:グラハム 2022/01/19

『まぼろしのローマ』のラストに登場した人物が、今作のヒーロー。同じくヒロイ…

幸せが眩しい!:つぶ 2022/01/19

あーこんなファミリーに生まれたかったー!混ざりたい!長男長女は大変そうだけ…

赤ちゃんは可愛かったけど:ワニャンニュ 2022/01/18

ヒロインに感情移入できなかった 

なぜに妊婦が危険なことをする…:とっと 2022/01/17

案の定、それみたことかと不幸に見舞われるヒロイン… 自業自得とはいえ、読んで…

ヒロインパパの病気って大変なんだ………:ぴーきん 2022/01/17

肺気腫って聞いたことはあったけど、突然発症して緊急手術が必要な場合もあるっ…

このページの先頭へ