ホーム > 小説一覧 > 花嫁の憂鬱

花嫁の憂鬱

花嫁の憂鬱

わたしが養女だったなんて……。クリスティーナは打ちのめされた。イタリア貴族の血を引く彼女は、生後まもなく母を亡くし、祖母の計らいによって、ある条件付きで叔母夫妻に託されたのだという。それは“マルケージ伯爵の花嫁になること”先日湖で出会った傲慢な伯爵――彼こそが許婚のマックスだった。激しくキスされたことを思い出し、クリスティーナの頬が熱くなる。嫌いな相手なら結婚は無理強いしないと養父母は優しく言った。でもこれまで贅沢な暮らしができたのは、祖母からの養育費のおかげ。受け取った額はあまりにも莫大で、養父母に返済は不可能だろう。わたしはこの運命を受け入れるしかないの?■城から突然消えた赤ん坊。彼女をいつか必ず見つけ出すと心に誓った少年は十七年後、許婚として彼女の前に現れますが……。惹かれ合いながらも素直になれない、二人の心の葛藤が切ない一作です。

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

花嫁の憂鬱 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

真っ直ぐなヒロイン 評価5 5
ハーレクイン ライブラリで購入済み

養女である事を聞き激しく傷付いたヒロイン。しかし、真実を打ち明けた両親も苦しい胸のうちを抱えているとヒーローに諭されます。その時から、天真爛漫で気性の激しいヒロインは少女から大人の女性へと成長していきます。ヒーローはいったい いつまで辛抱出来るのかな~と思いながら読みました。とても面白かったです。イタリアの美しい景色と明るい気候も素敵です。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

みむらさんに同意:糸車 2021/03/01

なんででしょうか。好きな漫画家さんなのにときめかない。

いきなりすぎて:kou 2021/03/01

どの段階からお互いに「愛してる」になったの? 惹かれ合ったのは分かるけど、…

ロマンスではなくサスペンス!:ぴりか 2021/03/01

こんな緊張感があるハーレは初めて! 全然ハッピー感がなくって、読んでで苦し…

保護者が必要なヒロイン:みむら 2021/02/28

憎いのに恋しくての中でこの作品のヒロイン家のことを酷く描かれてましたが、メ…

最低な傲慢ヒーロー!:ぴりか 2021/02/28

昔捨てたヒロインに、再び気まぐれに体の関係だけ求めて、飽き足らないから結婚…

キラキラの世界が心地いい〜✨:ぴりか 2021/02/28

いつもの傲慢ヒーローかと思ったら、子供が産まれた途端デレデレパパに変身って…

変わった設定:なのか 2021/02/28

前半のヒーローの芸術センスが面白かった!けど、ヒロイン ったら知らないヒーロ…

絵が気持ち悪すぎてムリ:しまねけんみん 2021/02/28

この人もほんとに原作者にとってはイー迷惑何じゃないかと思うほど 絵が下手。漫…

唇が、ヒル:しまねけんみん 2021/03/01

まるまると肥えた、ヒル。 どうしたらこんな絵を描こうと思うのか。 フタこまめ…

うわぁ、つまらない:しまねけんみん 2021/02/28

よくある王道のこじらせ系だけど、 こじれた理由がびっくりするほど しょーもな…

このページの先頭へ