ホーム > 小説一覧 > めぐりあいの絆

めぐりあいの絆

めぐりあいの絆

シドニーで開かれた会議に出席していたカーリは、五年前に離婚した元夫のゼイヴィアに偶然再会した。今後は会うこともないだろうと、誘われるまま彼の部屋を訪れるが、ついベッドをともにしてしまう。数カ月後、カーリは彼の子を身ごもっていることに気づく。

2.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
2
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 400円 / 450円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

めぐりあいの絆 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ヒロインが好きになれません 評価2 2
ハーレクイン ライブラリで購入済み

ヒーローヒロイン共に素直さに欠ける人物たちで、お互いに惹かれあっているのに、繰り返される言い合いとケンカに途中から嫌気がさしてきて購入を後悔しました。 ヒロインの生い立ちにこそ、素直になれない理由があるのは理解できますが、ページをめくれどめくれど同じ行動を繰り返しては一人でヒステリーを繰り返す姿には魅力を感じませんでした。

参考になりましたか?はい いいえ
だめだ。どーしてもヒーローが 評価2 2
ハーレクイン ライブラリで購入済み

腹立つ俗物にしか思えない。どんなに言い訳しようと男尊女卑。海外ではmetoo運動が盛んになっているのに弁護士がこれでいいのかってぐらい差別発言を繰り返している。それにヒロインも気が強い割には結局自分の欲望に弱くてガッカリ。弁護士ならもう少し冷静でひねりの効いた皮肉でヒーローをやり込めて欲しい。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

会員登録買い推奨:ガリガリ君 2020/06/02

いつも作者買いするさちみ先生の作品。今回もハズレなしでした。殺人事件の容疑…

珍しく最初からあとがきがついている:にゃんこ 2020/06/02

と思ったら・・・あとがきだけで一気にハート5個!アリスン先生、ありがとうご…

よくわからなかった:まりも 2020/06/02

なんかすごく読みづらかった…って感想しか残らなかった。 絵もいつになく雑な印…

最高!!:セーラ 2020/06/02

橋本先生の作品は大好きで外れがないのですが、これは、群を抜いて面白かったで…

えーー・・・:アナベル 2020/06/02

アリスン先生のヒストリカルが大好きなので、期待しすぎちゃったかなあ。ふみり…

良かった:あんこ 2020/06/02

訳ありヒロイン過ぎて、セレブのスキャンダル雑誌を賑わせそうで心配になります…

映画のよう:ハンプティ 2020/06/02

ページ数が多いこともあり、見ごたえある内容でした。ヒーローヒロインの苦労や…

ひたすらクズヒーローに胸糞悪い:tsora 2020/06/01

なかなかいないな!ここまでくそは!むしろ感心するわ。 しかもヒロインは相も変…

大幅にいじりましたね:YU 2020/06/01

原作を結構いじってしまっていますね…ちょっとなぁ…そこは結構大事な部分じゃな…

う~ん?:YU 2020/06/01

もともと独特の色気のある画を描かれる作家さんですが、今作ちょっと読みづらい…

このページの先頭へ