ホーム > 小説一覧 > 砂の王宮のシンデレラ

砂の王宮のシンデレラ

砂の王宮のシンデレラ

貧しい家に生まれ、身持ちの悪い母と姉を見て育ったアイリーン。彼女はただ一つ、自分に誓っていることがあった──愛する人とめぐり逢い結婚するまで、純潔を守り通すこと。だが親友の結婚式で彼を見たとき、一瞬その決意が揺らいだ。プレイボーイと噂の砂漠の国の首長シャリフがあまりに美しく、あまりにセクシーで、あまりに尊大だったから。シャリフはうぶなアイリーンをやすやすと誘惑して唇を奪うと、いつものごとく強引に彼のベッドへ連れ去ろうとした。ところが彼女の予想外の拒絶に遭い、酷く困惑したようだった。翌朝、アイリーンはシャリフから今度は驚くべき提案をされて……。

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
2
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

砂の王宮のシンデレラ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

「愛なき富豪と孤独な家政婦」の関連作でした 評価4 4

今回のヒロインは、「愛なき富豪と孤独な家政婦」のヒロインの友達でした。コミックではそこがスルーされていたので、原作を読むまできがつきませんでした。次の「スペイン公爵の嘆き」のヒーローは今作と、「愛なき富豪と孤独な家政婦」のヒーローの知人です。星合先生と宮本先生の絵柄は似ているのであまり違和感ないけど、同じ作家さんでコミカライズしてほしかったなぁ。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒーローの態度が怖い:あかい 2021/09/17

ヒーローヒロインは、昔からの知り合いなのに、拗らせ方が半端ない。今回ヒール…

馬の乗り方:つる⭐️りん 2021/09/16

全体には、素敵なお話になっています。ただ残念なのが、乗馬シーンの描き方です…

無理でした。:ベルガモット 2021/09/17

絵が無理でした。ストーリーもなんかありえない。誰にも共感できない作品でした。

うーん?:chipic 2021/09/16

ヒーローが表情といい言動といい大学生ぐらいにしか見えなくて、とてもCEOになる…

流石の:ぽんた 2021/09/17

汐宮先生!ストーリーの流れもいいし読んでいて癒される。もちろん画も綺麗。と…

もうちょっと:ワニャンニュ 2021/09/16

絵は好きです ヒーローもヒロインもいい子(笑)で読みやすかったけど、もう一ひ…

なかなか:あかい 2021/09/16

まず、絵はヒロインがとても幼く見えて、ベッドシーンはちと、きついかな。なの…

ストレスなく読めました:ワニャンニュ 2021/09/16

ヒーローがもっと傲慢なキャラかと思いきや、ちゃんとした人でよかったです ヒ…

口裂け女たちは三姉妹か〜(笑):くまくま 2021/09/16

ヒーローにすり寄ってくる女性たちが口裂けババアみたいなのばかりだったら、そ…

読んでて恥ずかしい(笑):とっと 2021/09/16

ひとコマひとコマ、大袈裟なポージングで笑えます。わざわざ身体くねらせなくて…

このページの先頭へ