ホーム > 小説一覧 > 星降る夜の出来事

星降る夜の出来事

狼たちの休息シリーズ

星降る夜の出来事

孤児として育ったフェイスは運命の人との出会いを待ちわびていた。だから、誘拐犯から彼女を救ってくれたワースに純潔を捧げたのだ。“二カ月後のクリスマスに町の広場にあるツリーの下で会おう”そう約束して別れたが、当日、いくら待てどもワースは現れない。フェイスは絶望に打ちひしがれた――おなかに宿る彼の子とともに。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 385円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

狼たちの休息シリーズ

呪われたウエディング
ビバリー・バートン
呪われたウエディング
“マンダ・マンローの呪い”は、終わっていなかった。すべて、私のせいだわ。マンダはショックに打ちのめされた。彼女の最初の婚約者は事故死し、二人目の婚約者は殺害された。やはり私は一生、恋愛も結婚も…
罪深き守り手
ビバリー・バートン
罪深き守り手
キャロラインには、幼いころから想いつづけている相手がいる。親を失った彼女のもとへ手紙とプレゼントを贈り、学費などすべて面倒を見てくれた謎の人物、デイビッド。孤独な少女のなかでその存在はいつし…
あなたが遠すぎて
ビバリー・バートン
あなたが遠すぎて
やさしい男性と結ばれて幸せな家庭を築く。それが、かつてのペギー・ジョーの夢だった。だが現実は苛酷で、最近ではストーカーに悩まされる日々だ。そんな彼女のもとに、腕利きのボディガードがやってきた…

星降る夜の出来事 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

読んでいて:ぽんた 2021/09/24

疲れる画でした。

金目当1000%:しまねけんみん 2021/09/24

見ず知らずの男だったら、頼みに行ったかね。あれが少しばかりはよく働くと思っ…

話は面白かったです:ワニャンニュ 2021/09/24

よくあるパターンですが(笑)絵は、HQの読者諸姉は目が肥えてる(私も含めてうるさ…

絵がひどい:しまねけんみん 2021/09/24

うーん、マシになった、でこのレベル。ていうか、漫画家として、致命的では(^_^;)

母親、あれで終わり????:しまねけんみん 2021/09/24

離婚でもつきつけられればいいのに。 まぁそうなったら、よりひどく寄生するだろ…

楽しかった。:ベルガモット 2021/09/24

この漫画滅茶苦茶面白くないですか?ヒーローは怒ったり悲しんだりコロコロ変わ…

結構好きです:浅倉 2021/09/24

父親の傍迷惑っぷりが凄いですが(笑)私は割と好きです。 あとやっぱりベテラン作…

山あり谷あり:むんちゃん 2021/09/23

信頼や大切な存在は失ってから、そのものの大きさを思い知るのでしょうね。この…

無理がある:tsora 2021/09/24

ヒロインとヒーローの関係性が複雑すぎて、今は一時の気の迷いでしかないような…

原作を読みたいです:まる 2021/09/22

原作を読みたくなる、というのはある意味名作なんではないでしょうか。

このページの先頭へ