ホーム > 小説一覧 > 別れの薔薇でなく

別れの薔薇でなく

別れの薔薇でなく

社長のラングは頑固で高慢、おまけに移り気で癇癪持ち。あんな人のどこがいいのかしら、と秘書のニコラは思う。ブロンド美人がお好みのプレイボーイで、新しい女性が現れるたび、それまでのガールフレンドに別れのしるしの赤い薔薇を送りつけてお払い箱にしてしまう。その花を手配するのは、いつもニコラの役目だ。それだけでもうんざりなのに、よりによって、今度は私の妹に目をつけるなんて!妹は夫ある身。なんとか二人を引き離さなくては……。

3.0 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
2
 

評価3
0
 

評価2
2
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

別れの薔薇でなく のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

昔はいたなぁ、こういう上司 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

好みは分かれそうですが、私は面白かったです。 パワハラ、セクハラ、モラハラと、ハラスメントてんこ盛りな上に秘書の妹にまで手を出す、現代ならば、いやいや、たとえひと昔前であっても完全アウトなとんでもヒーローを相手に丁々発止にやり合うヒロインがいい。 傲慢自己中ヒーローにすぐに陥落しちゃうハーレーヒロインが多い中で、一歩も引かずにとことんはねつける強くて賢いこういうヒロイン大好きです。 とはいえ、二人の恋の駆け引きに振り回された周りの人たち(特に当て馬にされた男性陣)には心から同情。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

好きです:アンジェラ 2020/01/20

これぞハーレクインって作品ですね!この作者さんの絵とかストーリーのまとめか…

体型:リース 2020/01/20

豊満な体型で胸が大きいらしいが他のところは描写が無いんでわからなかった お互…

ひどい:アンジェラ 2020/01/20

月額だからってこれはひどい。本当は☆1つもつけたくないけど、つけなきゃ投稿で…

オリジナルも良い♡:れん 2020/01/20

原作者は著者である麻生先生。作画もキラキラしていて構成も秀逸なので最後まで…

過去の恋愛の失敗からか:れん 2020/01/20

酷く新しい恋愛には臆病なヒロイン。特に相手が億万長者となれば警戒心を飛び越…

わりとおもしろい:ジョディ 2020/01/20

この方の作品はコマ割りが細かすぎるというか独特の雰囲気があって評価が低いこ…

面白かった:ベルガモット 2020/01/20

ヒーローは身元を偽っていただけで捜査官という立派な職業で、女に軽い遊び人で…

う〜ん:ベルガモット 2020/01/20

私ならこんな後見人、嫌ですね。自分は遊んでばかりで、後見人と言って束縛し、…

あらイヤだ:ささみみ 2020/01/20

レビュー通りだったわ。はっ⁈ナニコレ⁈何事も無かったかのように終わってしまっ…

独りよがり:tama 2020/01/20

思い込みでの行動だけど、結局はヒロインが喜ぶだろうと常に考えているあたり、…

このページの先頭へ