ホーム > 小説一覧 > 花嫁は絶体絶命【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

花嫁は絶体絶命【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

花嫁は絶体絶命【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】

キャサリンの弟は無類の博打好きだった。借金に借金を重ね、屋敷を無断で売り払い、とうとう姉の名前で金を借りてしまった。2週間以内に5000ポンドを返せなければ、私は投獄される!途方に暮れるキャサリンは、弁護士から思いもよらぬ助言を受けた。“死刑囚と結婚すれば借金は帳消しになる”その法律を逆手にとって、死刑囚と形だけの結婚をすればいいという。年老いた貴族の愛人になるくらいなら、そのほうがましかもしれない……。キャサリンは同意し、監獄で髭ぼうぼうのむさ苦しい男と対面した。ブラック・ジャック・スタンドン。追いはぎの首領だ。けれど、手枷を外された男が髭を剃って身なりを整えると、そこには優雅な物腰の目をみはるような美男子が現れた。<br>*本書は、ハーレクイン・ヒストリカルから既に配信されている作品のハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 770円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

花嫁は絶体絶命【ハーレクイン・ヒストリカル・スペシャル版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

軍隊もののハーレ✨:BD 2021/12/07

甘いハーレが多い中、ハードボイルドな作品でした。からん先生のヒーローはどん…

嫌いじゃない:あかい 2021/12/07

楽しめたしむしろ好きな話。だけど、なんか気分が悪い。傲慢ヒーローだけど、最…

ヒーロー誠実そうなのに………:なの 2021/12/06

ヒーローが家族の不幸で急に帰国した後、1ヶ月後には別の女性と婚約したとの別…

おバカなこじらせヒーロー(笑):とっと 2021/12/06

ハーレの世界では、仕事は出来るけど愛を信じないヒーローどんだけいるんだか!…

とっても素敵!:ささ 2021/12/06

最初のページ、ヒーローの哀愁漂う、影ありの姿、見事なまでの描写で引き込まれ…

格好良い二人:大架 2021/12/06

原作大好きなのですがコミカライズは難しいだろうなと思っていましたが実現! ハ…

怒涛の展開に読み応えあり!(笑):ぴりり 2021/12/06

単純に面白かったです!ヒーロー&ヒロインの運命を掻き乱す、ヒーロー婚約者の…

お兄ちゃんいじめられそう:しまねけんみん 2021/12/06

他の方のレビューにもあるけど、友人の子の存在感の、薄いこと、薄いこと。これ…

シーツのくだりは:しまねけんみん 2021/12/06

今世紀最大のギャグ漫画、のシーンですよ。なんすかあれ。ときめくなよ、そこで。

ぶつ切り!!!:しまねけんみん 2021/12/06

びっくりするほどの、ぶつ切りでした。そもそも、虐待とか、ロマンスの糧に使わ…

このページの先頭へ