ホーム > 小説一覧 > メリー・ベビー・クリスマス

メリー・ベビー・クリスマス

メリー・ベビー・クリスマス

『再会のクリスマスから』―ロウィーナは夫の会社のクリスマスパーティで社長を目にした瞬間、凍りついた。キアがなぜここに? 彼はロウィーナの兄の親友で、11年前、彼女の前から突然去った元恋人だった。夫の重大な裏切りでロウィーナがぼろぼろになっていると知ると、彼は親身に相談に乗り、励ましてくれた。でも信じてはだめ。ロウィーナは揺れる心を戒めた。<br><br>『届かなかったプロポーズ』―大富豪ロッコと庭師のアンバーは身分違いの恋人同士だった。だが、アンバーがふたりの関係をゴシップ紙に売ったと誤解したロッコは、冷酷にも彼女を捨て去った──彼の子を身ごもっていると知らずに。1年半後、再会したロッコに誘惑され、アンバーは熱い夜を過ごすが、すぐに深く後悔する。彼から愛人になるよう命令されたのだ!<br><br>『イブの口づけ』―アニーは経営学を学ぶ23歳の大学院生。母が務める会社の社長の息子に憧れ、いつかは彼とカップルになることを夢見ていた。ところがイブのパーティの夜、彼女はヤドリギの下で副社長のミッチにいきなりキスをされ、これまで感じたことのない興奮を覚えて愕然とする。なんて無礼な人! でもなぜか彼の顔が頭から離れず……。<br>*本書に収録されている「再会のクリスマスから」は、既に配信されている作品と同作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

メリー・ベビー・クリスマス のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ヒロインじいさんの遺言:なの 2021/05/07

じいさんが死んだら土地を国に寄付するつもりって、いやいや、孫娘のヒロインが…

よくある女性不信:れん 2021/05/07

ヒーローがトラウマになるのはわかるのですが、全ての女性がそうだとは限りませ…

美しい:しまねけんみん 2021/05/06

子どもの絵もかわいい。 だあ っていうのが、ほんと、かわいい。原作もかなり良…

ヒストリカルもなかなか良い:ゆりあ 2021/05/07

緒形裕美先生です。姉の代わりにと申し出るヒロインに対して断る事2回のヒーロー…

涙出た:しまねけんみん 2021/05/06

私も私も同意見です。 というか、レビュー拝読する前に、すでに無期限購入一択で…

さちみりほさんの作品には:しまねけんみん 2021/05/07

ほとんどハズレ無し!!! なんだけど、貴重な☆4。理由は単純、ヒロインの、外見…

切ないほどに溢れる愛情:ネコ 2021/05/06

まずむんちゃんさんのコメント通りと思います。 そしてお互いを思いやる気持ちが…

好みがあるかもしれませんが:kou 2021/05/06

この作家さんの描くヒロインって、いつもどこかアンニュイですよね。言葉にでき…

着任早々:kou 2021/05/06

1週間もお休み取れるって、素敵ですね。

このページの先頭へ