ホーム > 小説一覧 > 情熱のカウントダウン

情熱のカウントダウン

情熱のカウントダウン

●『黒いミュール』(ジェイミー・デントン著)去年の大晦日、ナタリーは壮麗な邸宅で開かれた仮面舞踏会でジョーという魅力的な男性と出会った。二人の間に特別な何かがあると思ったのもつかの間、彼は突然姿を消してナタリーを置き去りにした。そして今、一年ぶりに再会し、話しかけてきたジョーを前に、彼女は復讐を決意する。一緒に過ごすのは今夜だけ。そのあとは……もう二度と会わない。<br><br>●『リボンのサンダル』(キャリー・アレクサンダー著)イザベルにはトムというすてきな友人がいた。二人はメールでしか互いのことを知らなかったが、少し前から彼はしきりにイザベルに会いたがるようになっていた。もし顔を合わせてトムを好きになったりしたら、この関係は間違いなくだめになる。つらい生い立ちのせいで自分に価値を見出せないイザベルは、絶対に会うつもりはないと彼に告げるが……。<br><br>●『真っ赤なサンダル』(ナンシー・ウォレン著)ひそかに思いを寄せてきたレイフから退屈な人間だとほのめかされ、アリアナは彼が間違っていることを証明しようと決意した。それにはまず何か大胆なことをしなければ。レイフが主催する仮面舞踏会で、アリアナはパートナーをとっかえひっかえしながら誘惑するように踊り続けた。するとレイフが不機嫌そうに割りこんできて、彼女を独占し始めた。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

情熱のカウントダウン のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ちゃんとヒーローとヒロインのお話:tukushi 2022/12/09

ヒーローもヒロインもそれぞれお互いの臆病なところから救いだして二人で進んで…

引き寄せ合う運命の二人:グラハム 2022/12/09

決して逃れられない心の痛みを抱える二人が運命的に巡り逢い、子供を授かった事…

立ち姿が:tukushi 2022/12/09

ヒロインの立ち姿がいつも胸だけ地面に対して垂直に長い。大きさを強調したいの…

これから良き夫、パパになってくれれば…:とっと 2022/12/09

子供が出来にくい体になったからと、昔付き合ってた女性たちに自分の隠し子がい…

無理でしょ:みど 2022/12/09

とてもじゃないけど、あそこには住みたくない

理想のヒーロー✨:らいな 2022/12/09

こんなに優しく、傷ついたヒロインの心を癒してくれたヒーローは初めてかも……離…

どう言うこと:あかい 2022/12/09

双子の姉妹なのに、姉が保身ばかり、自分本位でウンザリ。ベルが必死で姉を庇う…

すっきりしない:ホワイトニコチア 2022/12/09

なぜヒロインは捨てられたのか、納得できる理由ではありませんでした。

絵は我慢した:るしあん 2022/12/08

でも、双子設定のジェシカが気になって探して見つけました。 「運命の人を探して…

誠実なヒーロー:グラハム 2022/12/08

冒頭の激しい描写に驚き、この先の展開が読めなくてハラハラしましたが、五年後…

このページの先頭へ