ホーム > 小説一覧 > 引き潮のかなた

引き潮のかなた

引き潮のかなた

二年前の夫の事故死で悲惨な結婚生活は幕を閉じた。当時、新聞はエデンが夫を死に追いやったとスキャンダラスに報じ、彼女は世間から逃れるようにして人里離れたコテージで暮らしてきた。訪れる人などめったにいないのに、嵐の夜、ドアをノックする音が……。見知らぬ男は、エデンの名前を知っていた。彼はマーカス・コールと名乗り、軽蔑の表情で数枚の写真を突きつけた。ショックが体を駆け抜ける。抱き合うカップルの女性は妹のエレノア。マーカスは私をエレノアと思い込んでいる。相手は彼の妹の夫だという。身を引かなければ後悔することになると脅す彼に、黙って承知した。妹を守るために……。でも、マーカスに誤解されたまま別れるのはつらい。ところが事態は思わぬ展開をし、エデンとマーカスは周囲に対して、熱烈に愛し合う恋人同士を演じることになった。交わすキスに真実の愛が込められたとき、二人だけの秘密が生じた。

1.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

引き潮のかなた のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

西洋人にありがちな勘違い罵倒話。 評価1 1
ハーレクイン ライブラリで購入済み

もう、最初から最後まで、思い込みで相手を罵倒し、相手が好きというバカ野郎の話。うんざり。 こんな話、日本人はキライよ。でも、西洋には『嵐が丘』なんかもあるし、執念深いほうがいいのかしら。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

読んでいて:ぽんた 2021/09/24

疲れる画でした。

金目当1000%:しまねけんみん 2021/09/24

見ず知らずの男だったら、頼みに行ったかね。あれが少しばかりはよく働くと思っ…

話は面白かったです:ワニャンニュ 2021/09/24

よくあるパターンですが(笑)絵は、HQの読者諸姉は目が肥えてる(私も含めてうるさ…

絵がひどい:しまねけんみん 2021/09/24

うーん、マシになった、でこのレベル。ていうか、漫画家として、致命的では(^_^;)

母親、あれで終わり????:しまねけんみん 2021/09/24

離婚でもつきつけられればいいのに。 まぁそうなったら、よりひどく寄生するだろ…

楽しかった。:ベルガモット 2021/09/24

この漫画滅茶苦茶面白くないですか?ヒーローは怒ったり悲しんだりコロコロ変わ…

結構好きです:浅倉 2021/09/24

父親の傍迷惑っぷりが凄いですが(笑)私は割と好きです。 あとやっぱりベテラン作…

山あり谷あり:むんちゃん 2021/09/23

信頼や大切な存在は失ってから、そのものの大きさを思い知るのでしょうね。この…

無理がある:tsora 2021/09/24

ヒロインとヒーローの関係性が複雑すぎて、今は一時の気の迷いでしかないような…

原作を読みたいです:まる 2021/09/22

原作を読みたくなる、というのはある意味名作なんではないでしょうか。

このページの先頭へ