ホーム > 小説一覧 > クリスマスのシンデレラ

クリスマスのシンデレラ

メイド物語シリーズ

クリスマスのシンデレラ

訳あって逃げるようにロンドンへやってきたアシュリーは、安宿住まいを続けながら通いのメイドとして働いている。しかし、冬のこの時季は宿泊代が高騰し、もう限界だ。当てにしていた友達の家にも泊めてもらえなくなり、彼女は高級住宅地にある派遣先の豪邸に住み込むほかなくなった。家の主であるギリシア人大富豪のルーカス・クリストフェデスは、クリスマスが終わるまでここには来ないというから、きっと大丈夫。ところがある日、不意に帰宅したルーカスに見つかってしまう。警察に突き出されると怯えるアシュリーに向かい、彼は言い放った――この借りを返すには、ぼくの恋人のふりをしろ!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

メイド物語シリーズ

涙のホワイトクリスマス
スカーレット・ウィルソン
涙のホワイトクリスマス
あと少しでクリスマスを迎える冬のロンドンで、派遣メイドのグレースは超高級ホテルの客室係として働いていた。ある雪の日、いつもとは違う部屋の清掃を任され、はじめて足を踏み入れたのは最上階のスイー…
雪夜の秘めごと
ジェシカ・ギルモア
雪夜の秘めごと
ロンドンに出てきたソフィーは派遣メイドとして働きながら、デザイナーになる夢をかなえようと懸命に努力している。ある夜、豪華なパーティでのウエイトレスの仕事を終えたあと、不運にも帰宅するためのバ…
富豪伯爵と秘密の妻
クリスティ・マッケラン
富豪伯爵と秘密の妻
父が莫大な負債を残して急逝したため、エマは夢をあきらめ、メイドとして働きながらこつこつ返済している。ロンドンの高級住宅街にある屋敷でのパーティに派遣された夜、ずっと音信不通だった最愛の男性の…

クリスマスのシンデレラ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ベンがいい!:じゅじゅ 2019/12/12

ヒーローヒロインが霞む。地味顔なのにだんだんといい男に見えてくる。作画マジ…

良かったです★5:サリー 2019/12/12

最初はどうかな?と思いページをめくりましたが、読むうちに引き込まれました。 …

ヒロイン強い:アンジェラ 2019/12/12

ヒロインが強くて読んでて気持ち良かったです。 絵も綺麗!

振り回されてます・・。:映画館 2019/12/11

ちょっとトロそうに見えるヒーローですが、ヒロインより一枚上手。二人のやり取…

ハーレクイン特有?白人特有?:リース 2019/12/11

ハーレクインでは良くあるシチュだけど盗人猛々しいって言葉が浮かんでいまいち…

良かった〜:ささみみ 2019/12/12

表紙と中身のカラーが雰囲気違うけど読みやすかった。お話も面白かった。でも元…

ありきたり:玲音 2019/12/11

ヒロインの態度にイライラ。ヒーローにもイライラ。 そこにお邪魔虫でイライラ。…

赤ちゃんって…:ポン 2019/12/12

これで一歳半は無理がありすぎる。丁寧にかけば良いってもんじゃない。

愛を信じるには富がありすぎた:アロニア 2019/12/11

ここ数か月前から、タイトルのあとに、なにかいろいろ付け足されてる本がありま…

4歳の息子に脱帽:シャドール 2019/12/10

ヒーローの養子である4歳の息子が可愛くて、ヒーローとヒロインを引っ張ってく…

このページの先頭へ