ホーム > 小説一覧 > 愛人と呼ばれて

愛人と呼ばれて

愛人と呼ばれて

ジョージーナが秘書として勤める会社が世界的大企業に買収された。ハンサムな社長のタリスにじきじきに呼び出されたジョージーナは、いきなり友人の男性と別れるよう申し渡され、驚いた。さっぱりわけがわからないジョージーナに、タリスが告げる。新しい重役が君をくびにしろと息巻いている、君がつき合っている男は彼の娘の夫だそうじゃないか、と。とんでもない誤解だわ。私はただの友達よ、愛人なんかじゃない!だが、タリスは彼女の説明に耳も貸さず、厳しい声で命じた。「君には、しばらくのあいだ僕の目が届くところで仕事をしてもらう」私がこんな傲慢な人の秘書に? だが、やがて彼の優しさに惹かれて……。

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
2
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

愛人と呼ばれて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

勘違い 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

ヒーローがヒロインの事をことごとく勘違いするのが楽しいです。どうして こうも都合良く勘違いするのかな~と思いながら微笑んでしまいました。ヒーローに誤解されていますが、ヒロインは真面目で慈愛溢れる優しい女性です。ベールが剥がれるように誤解がとけてゆくのが心地よかったです。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ちょっと変わっているけど:れん 2021/04/18

面白かったかな。偽りのつもりが次第に本気になっていくシナリオ。家族を助けた…

よくわからなかった:しまねけんみん 2021/04/17

大まかな流れはわかるんだけどね。 たださーーー 自分のルーツが○イ○って事実…

聖子ちゃんカット:しまねけんみん 2021/04/17

時代なのか、技量なのか。 ただ、ひどく、ずさんで、なにひとつ 見ごたえも楽し…

絵の下手さが薄れるほどのストーリーのますさ:しまねけんみん 2021/04/17

他の方々同様、ヒロインがクズすぎる。 どこに惚れるチャンスがあったのかがよく…

高評価にあ然:しまねけんみん 2021/04/17

ヒーローがひねくれすぎてる。 自分が不幸なら人を百倍不幸にすることをいとわな…

刺激的:むんちゃん 2021/04/17

刺激的な体験を求める二人。一夜だけのつもりが沼に。でも相性はピッタリみたい…

作家買い:ミランダ 2021/04/17

不器用なヒーローを描かせたら天下一品の桜屋響先生です。ヒロインに対して本当…

ヒストリカル サスペンス:むんちゃん 2021/04/17

当初は大人版あしながおじさんの話かな~と思っていました。途中からサスペンス…

目が滑る:マキノ 2021/04/17

初っ端のヒーローが出てくるまでは滑らなかったんだけどな……。 何が悪かったのか…

話は悪くない:kou 2021/04/18

でも、顎が目に突き刺さってきて痛い。ヒロインの顔、どれも同じに見えました。…

このページの先頭へ