ホーム > 小説一覧 > 打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】

打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】

打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】

ロンドンで病院勤めをするセリーナは、車の事故で入院してきたオランダ人男性と出会う。長身で金髪の彼は入院初日から気さくに話しかけてきて、仕事を辞めて僕とオランダに来ないかと熱っぽく誘った。そんな強引さに不安を感じながらもきっぱり断れないセリーナを、患者の従兄弟で、オランダで医師をしているというヘイスは、いつも紳士的に気遣ってくれるのだった。やがてオランダへ渡ったセリーナが不実な恋人の裏切りに遭い、途方に暮れているときも、助けの手を差しのべたのはヘイスだった。彼は落ち着いた声で、それなら僕と結婚しないか、と申し出た。<br><br>■ハーレクイン・セレクトに、久しぶりのベティ・ニールズ登場。優しく穏やかなロマンスなのに、読者を虜にする引力と独特の中毒性。その強さにおいて、いまだ彼女の右に出る者も、跡を継ぐ者も出ていない――まさに唯一無二の作家です!<br>*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

打ち明けられない恋心【ハーレクイン・セレクト版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

別人です:ニコ 2022/09/25

先生の話が柔らかくてほっこりするので、大体購入しております。 ただ、年々身体…

文月先生は好きだけど……:なの 2022/09/25

1回読んだだけじゃ理解できないかも(^_^;)

もう少し:味の子 2022/09/24

ヒロインは自分のことばのチョイスを考えた方がよいのかなぁ~と思います。相手…

伯母様が主人公だった:しまねけんみん 2022/09/24

最初わかい姪っ子が主役かと思っていたので、その先入観があって、なおさら伯母…

元軍人のヒーロー:むんちゃん 2022/09/23

アーサー王とか円卓の騎士の事を知っていたらより深く楽しめたと思う。不勉強で…

ヒーローが怒っている顔も格好いい♪:UMIYASHI 2022/09/24

しずく先生の作品を首を長~くして、待ちに待って掲載雑誌を購入して読みました…

めっちゃステキなお話だった!!!:しまねけんみん 2022/09/24

3.0じゃ、評価低すぎる。いや、ほんと他の方のレビュー通りだけど、二人の心の…

最後がなーーー:しまねけんみん 2022/09/23

いや、あそこまでの表情をさせるほどには傷つけてるわけだし。そりゃそうなるよ…

バカにし過ぎ:しまねけんみん 2022/09/24

電話で退職させといたから。不自由させないからって。。いや、日本人的な感覚で…

ヒロインがなぜにこんなに:しまねけんみん 2022/09/23

おばさん臭がするのか。。この漫画家さんは、ほんとにいつも女性に美を感じさせ…

このページの先頭へ