ホーム > 小説一覧 > 過去をなくした乙女

過去をなくした乙女

ハイランダーブライドシリーズ

過去をなくした乙女

1727年スコットランド。雨降りしきるその日、カーライル一族の氏族長ダンカンは道に倒れていた女性を助けた。潤んだ金色の瞳にいかにも儚げな風貌には見覚えがあった。彼女こそ一族の憎き宿敵、アバフォイル伯爵のひとり娘カトリオナだ。ひとまず私怨は脇に追いやって娘を介抱してやるが、まもなく、どうやらカトリオナが事故か何かに遭っていっさいの記憶をなくしていることに気づく。これは神が与えてくれたチャンスだ――ダンカンは弱りきったカトリオナを一族のもとへ連れ帰ることにした。伯爵に復讐するための人質として。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ハイランダーブライドシリーズ

さらわれし花嫁
ゲイル・カレン
さらわれし花嫁
1727年英国。伯父の邸宅に滞在中のリオナはある晩眠っていたところ、突然 大きな手に口をふさがれ、部屋から連れ出されてしまう。侵入者の正体はスコットランドのマッカラム一族氏族長ヒュー・マッカラム。…
身代わりの婚約者
ゲイル・カレン
身代わりの婚約者
16歳の秋、マッカラム氏族長の娘マギーは初めての恋をした。相手は次期伯爵で、長年敵対関係が続くダフ一族の青年、オーウェン。禁じられた恋と知りつつも、見知らぬ地への遠駆け、彼が聞かせてくれる世界…
過去をなくした乙女
ゲイル・カレン
過去をなくした乙女
1727年スコットランド。雨降りしきるその日、カーライル一族の氏族長ダンカンは道に倒れていた女性を助けた。潤んだ金色の瞳にいかにも儚げな風貌には見覚えがあった。彼女こそ一族の憎き宿敵、アバフォイ…

過去をなくした乙女 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

後半から面白くなる 評価4 4
ハーレクイン ライブラリで購入済み

前半は、ヒーローがお尋ね者で洞窟で隠遁生活をしているために話が遅々として進まず、少し退屈です。会話も少ないし、ヒロインとヒーローの堂々巡りの心の声ばかり聞かされて、正直少しうんざりしてしまいます。。。でも、後半からぐっと面白くなります。3作のシリーズ物の最終話ですが、1作目、2作目は特に惹かれるものがないので、読んでいません。単品でも楽しめます。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

性格が破綻してる:風吹 2022/08/08

ヒーローの性格が破綻してる。 ダイアナの中ではマシな方かもしれないけど、 こ…

可愛くてほんわか:ワニャンニュ 2022/08/08

ベティさんのお話には、意地悪な婚約者気取りの女性や継母姉妹なんかがよく出て…

幸せもすみれ色:グラハム 2022/08/08

冒頭の展開は不穏なものでしたが、ヒーローの思いやり溢れる配慮(というか殆ど一…

コミカライズを読んで気になったので:UMIYASHI 2022/08/07

葛城しずくさんのコミカライズ紙媒体が2022年7月に発売され購入。 「あとがき」…

ヤマなしオチなし:kaokittychan 2022/08/07

サーっと話が上滑り。 共感する場所なし。 惹かれた描写も浅く、 子どもたちが3…

どこかで読んだ気が、、、:あんじゅ 2022/08/08

白井先生の久しぶりの作品なので、即買いしました!! 読んだ後で、似ている作品…

ちょっと無理かも:味の子 2022/08/04

ヒロインは魅力的なのかも知れないけど自由すぎてついていけない。一歩立ち止ま…

はああ……:カバエワ 2022/08/08

んもう〜毎回ですが、期待はずれなしです。 良質の映画を見終わった感じがします…

このページの先頭へ