ホーム > 小説一覧 > 閉ざされた館の大富豪

閉ざされた館の大富豪

愛の寓話シリーズ

閉ざされた館の大富豪

著名な大富豪ディーコンに雇われ、住み込みの助手となったギャビー。出入りが許されるのは、彼女の住居部分と仕事部屋だけで、屋敷につながる扉には鍵がかけられ、雇い主は姿を見せない。仕事の指示は電話かメールのみ。もどかしさを感じていたある日、ギャビーは鍵があいていた隙に、扉の向こうへと足を踏み入れた。ついに現れた彼は、写真や映像で見たのとは別人のようだった。伸び放題のひげと髪に覆われて顔は見えず、その姿も声も、まるで野獣のようで、わずかにのぞく瞳は暗く陰り謎めいている。でもギャビーは不思議と恐れなかった。彼の心を開きたいとさえ思い、彼女はひたむきに一歩ずつ、信頼を得ていった。そしてあるとき、思いきって彼のひげ剃りと散髪を提案すると――

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

愛の寓話シリーズ

白雪姫と七人目の秘書
ジェニファー・フェイ
白雪姫と七人目の秘書
母を早くに亡くしたセージは、父に愛されて育った。だがそれも、父が魔性の美女と再婚するまでの話だった。父の死後、継母は父の会社を奪い、セージを使用人並みにこき使って、あげくの果てに家から追い出…
閉ざされた館の大富豪
ジェニファー・フェイ
閉ざされた館の大富豪
著名な大富豪ディーコンに雇われ、住み込みの助手となったギャビー。出入りが許されるのは、彼女の住居部分と仕事部屋だけで、屋敷につながる扉には鍵がかけられ、雇い主は姿を見せない。仕事の指示は電話…
白雪姫と七人目の秘書
ジェニファー・フェイ
白雪姫と七人目の秘書
母を早くに亡くしたセージは、父に愛されて育った。だがそれも、父が魔性の美女と再婚するまでの話だった。父の死後、継母は父の会社を奪い、セージを使用人並みにこき使って、あげくの果てに家から追い出…

閉ざされた館の大富豪 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

ポイント2倍

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

全く:あかい 2021/10/26

とにかく、しつこい粘着質なヒーローが、ヒロインの前にこれでもかと出現する。…

淡々としてる:ワニャンニュ 2021/10/26

静かに話が進んでいくんだけど、雰囲気が絵と合っててよかったです ヒロインに…

なんていうか…:むん 2021/10/25

そもそもハーレ向きな漫画家さんじゃないような。 ティーン向けのコミックなのか…

始まりはドラマチックでも:むんちゃん 2021/10/25

ヒロインは妊娠した時に何も疑問に思わなかったの?自分の正義を主張していまし…

ストーリーは面白いが:chipic 2021/10/25

そもそもの設定として顔が隠れるほどのボンネットを屋内でもつけているというと…

読み終えた感スッキリ(笑):とっと 2021/10/26

不遇に耐える凛とした強さを持つヒロイン。そんなヒロインの突然の申し出にすぐ…

変わり身早い。:しまねけんみん 2021/10/25

そこまでの軽さなら、最初からオーバーにしなきゃいいのに。 しっかし、亡き人の…

満足!!:しまねけんみん 2021/10/24

ただ、読み終わって気づくこと。 ストーリーに、山も谷も、結局はゼロでしたね(…

素晴らしい!:ぶたこ 2021/10/24

久しぶりに購入して損が無かった作品です。 いえ、そんな書き方では失礼になりま…

重厚な余韻をふくむストーリー:harumaki 2021/10/24

いわゆる王道ロマンス(美男美女の目眩くような恋)ではないのですが、読み応えが…

このページの先頭へ