ホーム > 小説一覧 > 情熱を知った夜【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

情熱を知った夜【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

情熱を知った夜【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

7歳で両親と死に別れ、祖母に育てられた影響で、古風に育ったベス。秘書の仕事をするときは眼鏡をかけ、地味な服装をしているが、3年前に働きだしたときから、ボスにほのかな恋心を抱いていた。ところが、ボスは目立たない秘書の気持ちに気づくはずもなく、美貌のモデルに贈るために買った婚約指輪を、ベスに取りに行かせる。そんな彼女を、ボスの兄であるテオ・キリアキスが見ていた。弟がご執心中のモデルとかつて婚約していたテオは、元婚約者の強欲さを知っており、弟の目をどうにか覚まさせたかった。ここは一つ、あの平凡なベスを美女に変身させ、弟の気を引かせよう。しかしテオ自らが、白鳥のように美しくなった彼女に心奪われて……。<br>*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

情熱を知った夜【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

話の内容より絵が致命的:スサト 2020/10/25

黒髪のヒーローが、途中黒髪を塗られなくなり、ページが全部白くメリハリがない…

これはえぐい:杏 2020/10/25

初っぱなから厚かましい研修医が、上司にズケズケと言い寄って、常軌を逸した恋…

ヒーロー最悪!!:ハレルヤ 2020/10/25

女の人にとって、どういう行為が傷つき、嫌がるかということもわからないやつが…

キュート:もも 2020/10/24

可愛い二人に終始ニヤニヤしながら読み進めました。からっと爽やかで楽しかった…

混乱:eru 2020/10/24

とてものめり込める所があり、お話もとても素敵です。でも読了感として印象に残…

絵がいい:むんちゃん 2020/10/24

絵が美しい。話の展開がいいです。ヒロインの飾らない態度がヒーローの心を溶か…

wヒロイン:むんちゃん 2020/10/24

Wヒロインが二人共に素敵です。ローズに出来ない事をアキラさんが行動し、そして…

HQには珍しい:むんちゃん 2020/10/24

他の皆さんもおっしゃっていましたがHQには珍しい設定だと思います。でも引き込…

少し物足りない:mel 2020/10/24

画は綺麗です。話の内容もスムーズであっという間に読み終わりました。ページ数…

ここまでの親父もなかなかいない:しまねけんみん 2020/10/22

ひどい親父に、ってのはそこそこ あるテーマですが、ここまで清々しいほど ひど…

このページの先頭へ