ホーム > 小説一覧 > 心の花嫁【ハーレクイン文庫版】

心の花嫁【ハーレクイン文庫版】

心の花嫁【ハーレクイン文庫版】

「いいえ! 先生とベッドを共にしたことなど一度もありません」恩師であるミゲルの離婚調停の証人台に立ったニッキーは、彼との関係を否定しつつも、いまにも胸が張り裂けそうだった。本当にミゲルの恋人だったら、どんなに嬉しかっただろう。いつか彼に抱かれる日を夢見てきたが、妹以上にはなれなかった。ついに離婚は成立し、ミゲルは独りになったものの、つきまとう痛みに耐えきれず、ニッキーは彼のもとを去った。すべてを忘れ、新たな人生を歩むために――ところがある日、突然ミゲルが彼女の前に姿を現した。<br>*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

心の花嫁【ハーレクイン文庫版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

いままでにあったかな? 評価5 5

現在(後悔)→過去(経緯?)→現在(懺悔)からの明るい未来♥みたいな流れで読ませます。 男女間もですが、民族問題や家族問題が大きく絡み、またH/H達の心の機微や、思いのかけ違い(誤解等々も)やらなにやらで、なかなかの読みご耐えがあります。もしも、漫画になるなら、前編後編で読みたいなぁ。1冊で収めるには勿体ないところばかりっ!と思います。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

謎だらけのプロポーズ:あかい 2021/05/15

ヒロインが離れたくないんだよね。ヒーローは、なんか余裕で憎らしげでやだな。…

強引なヒーロー:むんちゃん 2021/05/15

憎らしい程強引に誘ってくるヒーロー。でもいつも真正面から直球勝負を仕掛けて…

手書きつっこみが冴えわたる一作:LLL 2021/05/15

さちみ先生のギャグ系作品は、とにかく手書きつっこみが楽しいんですが、この作…

元は幼妻:むんちゃん 2021/05/14

面白かったです。いくつものエピソードが複雑に絡まっていて、読み手を飽きさせ…

読みにくくて…:なの 2021/05/14

絵はまあ綺麗だと思うけど、言葉のチョイスというか、会話がスムーズに読み取れ…

原作既読です:しまりす 2021/05/14

原作のヒーローは、被告となったヒロインに一目ぼれで 何としてでも気持ちを伝え…

ヒーローが:momoiro 2021/05/14

こういうヒーローものすごく…好きで!もっと長く読みたかった!!

疲れる:kou 2021/05/14

終始ふたりとも怒鳴ってばかり。愛の片りんすら見えないのに終盤になって愛して…

表紙が素敵:まりも 2021/05/14

色使い・構図等、好みの表紙ですが、中の絵も素敵でした。 個人的には、アラブの…

優しいヒーロー:むんちゃん 2021/05/13

最初から一貫してヒーローがヒロインを愛おしく思い大切にしているのがわかりま…

このページの先頭へ