ホーム > 小説一覧 > ボスと秘書の恋の密約

ボスと秘書の恋の密約

ボスと秘書の恋の密約

午後5時からは、ひとつ屋根の下。尊敬するボスとの偽りの恋……。<br><br>秘書のアビーが高名な富豪弁護士グレイの下で働き始めて1年。ボスは傲慢で実に扱いにくい半面、とても優秀で魅力的な男性だ。そんな彼が求める秘書であろうと、アビーはしかつめらしい服に眼鏡とひっつめ髪のスタイルで、有能な仕事ぶりを見せていた。だがある日、ボスの予定帳に書かれた取引相手の名に、激しく動揺する。二度と会いたくないと思っていた、卑劣で薄情な元恋人……。やむをえずグレイに事情を話し、もうここにはいられないと告げると、ボスは僕たちが公然と同棲すれば、相手は手出しできなくなると言う。二人で寝食をともに……? 戸惑いを見せるアビーに、彼は釘を刺した。「ベッドの心配なら無用だ。君は僕の好みじゃないから」<br><br>■1980年代にダイアナ・ブレイン名義で書かれた、貴重な作品の初邦訳です。見せかけの恋人関係をスタートさせた二人。偽りのはずなのに、アビーがよかれと思ってしていた地味な外見に、グレイが物申して……。本気になってはいけない、切ない恋の物語をどうぞ。

1.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ボスと秘書の恋の密約 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

カッコ悪くて愛おしい:むんちゃん 2021/09/18

ルックスは抜群のヒーローなのにラストシーンのカッコ悪さは半端ないです。でも…

クレオ・ノース3部作、最終章:harumaki 2021/09/18

「過ちは一度だけ」「ふたたびの切なさに」と、少しづつヒロインとヒーローの関…

クレオ・ノース3部作その2:harumaki 2021/09/17

未読の方は「過ちは一度だけ」を読んでから読むことをお勧めします。 時系列で前…

クレオ・ノース3部作その1:harumaki 2021/09/17

ヒロインのフルネームがクレオパトラ・アフロディーテ・ノース!(笑) 名前にコ…

かる~:tsora 2021/09/17

最後まですべて駆け足で何の解決もせず結婚でハッピーエンド?っていくら何でも…

根性があるヒロイン:むんちゃん 2021/09/17

元海兵隊のヒーローに「根性がある」と言われたヒロインは華奢な外見だけど前向…

描写は本モノ:とも 2021/09/17

イタリア関連の仕事に携わっています。コミックスとはあまり縁が無かったのです…

ヒーローの態度が怖い:あかい 2021/09/17

ヒーローは大人で、昔からの知り合いなのに、拗らせ方が半端ない。ヒールが男だ…

思いがけず良かった!:みむら 2021/09/17

ぜんぜん期待せずにセールだったから読んだけど普通に良かったですw タイトルに…

馬の乗り方:つる⭐️りん 2021/09/16

全体には、素敵なお話になっています。ただ残念なのが、乗馬シーンの描き方です…

このページの先頭へ