ホーム > 小説一覧 > 純愛の城【ハーレクイン・セレクト版】

純愛の城【ハーレクイン・セレクト版】

純愛の城【ハーレクイン・セレクト版】

ルイーズは祖父母の遺灰を埋葬するため、シチリアを訪れた。10年前、18歳だった彼女はこの地で忘れ得ぬ過ちを冒した――1400年続く公爵家の若き当主、シーザー・ファルコネリと。二人は愛し合っていると信じ、ルイーズは彼に純潔を捧げたが、翌朝、司祭から当主を誘惑したと断罪され、村を追われたのだった。彼からの連絡はなく、だからルイーズもその後のことは伝えていない。もう二度と会うことはないと思っていたのに、まさか、遺灰の埋葬に彼の許可をもらわないといけないなんて……。10年ぶりに会うシーザーは、鋭い眼差しと言葉で彼女を凍りつかせた。「ぼくたちの息子も、連れてきているのかい?」<br><br>■大スター作家ペニー・ジョーダンは、ミステリアスな大人の男性に翻弄されるヒロイン像が多くの読者の共感を呼びました。『純愛の城』は、2011年に亡くなった作家の遺作。深く繊細な心理描写で描く、シークレットベビー・ロマンスです。<br>*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・セレクト版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

純愛の城【ハーレクイン・セレクト版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

カッコ悪くて愛おしい:むんちゃん 2021/09/18

ルックスは抜群のヒーローなのにラストシーンのカッコ悪さは半端ないです。でも…

クレオ・ノース3部作、最終章:harumaki 2021/09/18

「過ちは一度だけ」「ふたたびの切なさに」と、少しづつヒロインとヒーローの関…

クレオ・ノース3部作その2:harumaki 2021/09/17

未読の方は「過ちは一度だけ」を読んでから読むことをお勧めします。 時系列で前…

クレオ・ノース3部作その1:harumaki 2021/09/17

ヒロインのフルネームがクレオパトラ・アフロディーテ・ノース!(笑) 名前にコ…

かる~:tsora 2021/09/17

最後まですべて駆け足で何の解決もせず結婚でハッピーエンド?っていくら何でも…

根性があるヒロイン:むんちゃん 2021/09/17

元海兵隊のヒーローに「根性がある」と言われたヒロインは華奢な外見だけど前向…

描写は本モノ:とも 2021/09/17

イタリア関連の仕事に携わっています。コミックスとはあまり縁が無かったのです…

ヒーローの態度が怖い:あかい 2021/09/17

ヒーローは大人で、昔からの知り合いなのに、拗らせ方が半端ない。ヒールが男だ…

思いがけず良かった!:みむら 2021/09/17

ぜんぜん期待せずにセールだったから読んだけど普通に良かったですw タイトルに…

馬の乗り方:つる⭐️りん 2021/09/16

全体には、素敵なお話になっています。ただ残念なのが、乗馬シーンの描き方です…

このページの先頭へ