ホーム > 小説一覧 > 公爵の秘密の願い

公爵の秘密の願い

公爵の秘密の願い

さえない私がいったいどうして、公爵閣下の花嫁候補に……?<br><br>両親を亡くして以来、親戚に虐げられてきたソフィアのもとにゆうべ花火見物で出会った無礼でたくましい男性が訪ねてきた。彼はティークストン公爵を名乗り、彼女を馬車で連れ出した。あまりの驚きに圧倒され、気の利いた会話もできないソフィアを、公爵は名家の令嬢たちとともに1週間のハウスパーティーに招待した。花嫁候補を見比べるために大勢まとめて屋敷に滞在させるなんて、いったいどういう男性なの? 結婚を急ぐ事情でもあるのかしら。とらえどころのない公爵の魅力に心乱されるソフィアだったが、ある朝、森の中で彼に生き写しの少女と出会う。それを知った公爵はソフィアを闇夜の密会に誘い出して……。<br><br>■生き生きとした人物描写に定評のある大人気作家アニー・バロウズが、繊細かつ軽やかな筆致で公爵と乙女の心のひだを描きます。愛の伝えかたがわからず途方に暮れる傲慢ヒーローと、無欲でたおやかな薄幸ヒロインが織りなす魅惑のシンデレラ・リージェンシー!

4.0 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
2
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

公爵の秘密の願い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】父親もいろいろ 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

珍しい:まーちゃん 2021/01/27

ヒーローが胸の内をこんなにも素直に吐露するなんて。いつものベティヒーローは…

どうにも:きぃ 2021/01/27

父親に気を取られ、若い二人に気持ちを持っていけませんでした。父親のくずっぷ…

なんて幸せなエンディング:ぴりり 2021/01/26

お兄さん夫婦も揃ってみ〜んな幸せでよかった〜✨

生き生き:かっぴぃ 2021/01/26

春日かおる先生の作品を今回初めて読ませていただきました。見やすく読みやすい…

素敵でした:まりも 2021/01/26

ヒロインが大人っぽい美女なのがすごく良かった。 橋本さんの描くいつもの黒髪ヒ…

ヒロイン:まりも 2021/01/26

バカでしょ。何がしたいのかさっぱり。 最後まで振り回されたヒーローが気の毒だ…

素晴らしい物語:むんちゃん 2021/01/26

一人の女性の生涯を彼女の愛と共に綴った物語です。億万長者やきらびやかで華や…

この方のハーレ1作目から作者書い:momoiro 2021/01/26

ああもうほんと好き!近頃のハーレは神ばかり。好きだった作家さんがパワーアッ…

あいにくですが・・・:りんご 2021/01/26

絵が受け付けませんでした。ファンタジーやホラーの内容ならいいのではないでし…

さすがです:さかな 2021/01/26

出来の良い映画一本観た気分です。 さちみ先生は そろそろ人間国宝にして 良い…

このページの先頭へ