ホーム > 小説一覧 > ひとりぼっちの妻【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

ひとりぼっちの妻【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

ひとりぼっちの妻【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

キャロラインは富豪弁護士ジェイムズとお互い一目惚れで結婚したが、気づけば、夫が留守がちな家でいつもひとりぼっち。ジェイムズが彼女の友人を遠ざけ、主婦業に専念させたせいだ。子供を望まない彼と妊娠をめぐって喧嘩になり、今は寝室も別。なんとか話し合って解決しようと夫の職場を訪れたときなどは、同僚女性を胸に抱く夫の後ろ姿を見てしまい、動揺するばかりだった。そんなある日、昔の知人男性とでくわして思い出話に花が咲き、キャロラインは久しぶりに声をあげて笑った。それでも、また会わないかという誘いにすぐに返事ができなかったのは、夫への罪悪感? いいえ、そうじゃない。彼女はふいに気づいたのだった。目の前の魅力的な男性が霞むほど、私はまだ夫に焦がれている、と。<br><br>■愛し合っているはずなのに、闇にのまれるように破綻していく夫婦。失いかけた愛を取り戻そうと懸命に闘うキャロラインの姿が、読む者の胸を突きます。ジェイムズが妻をひとりで家に置いておくのは、醜い独占欲か、愛の裏返しか。奇才C・ラムの話題作をご堪能あれ。<br>*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

ひとりぼっちの妻【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

サスペンスもの:シャドール 2019/12/15

ホテルでヒロインの友人が殺された件で、犯人に追われるヒロインとヒロインを偶…

残念:アリス 2019/12/15

絵の線が汚くて下手なので、雰囲気が表現出来ていない。 読んでがっかりした。

ゲス男:ピッパ 2019/12/15

この作家さんは好きだけど 男がゲスすぎ

面白くない:アメリア 2019/12/15

この作家はだめだめ

派手さはないけど:リンちゃん 2019/12/15

バーバラ・マクマーンの華麗な世界にしては地味な展開ですが、人物画の美しさと…

面倒くさいヒロイン:ななな 2019/12/15

特に魅力があるとは思えない上に、思い込みが激しく、面倒臭い思考回路の持ち主…

いぃっすね~:さぶちゃん 2019/12/15

何が良いって、ヒロインが簡単には流されないところですかねー。だいたいのヒロ…

楽しい!:アロニア 2019/12/15

最初から最後まで、とても楽しいロマンティック・コメディでした。ヒロインは祖…

2作目も読んだ方がいい:きな子 2019/12/14

シリーズ物ですが、2作目も読んだ方が内容が分かりやすいし登場人物の心情も楽し…

最高です:ジュリア 2019/12/15

同じように原作を再現しても、で?って感じになる方もいるけれど、森先生はちゃ…

このページの先頭へ