ホーム > 小説一覧 > ひとりぼっちの聖母

ひとりぼっちの聖母

ひとりぼっちの聖母

この愛をつらぬけば、傷つくのはわかってる。だから、本当の気持ちは言わない――<br><br>看護師のアナは癌を患った姉のため、代理母になることにした。ところが体外受精で妊娠したのもつかの間、姉は帰らぬ人となる。すると姉の夫は子どもはいらないと言いだし、愛人のもとへ走った。姉の形見の子を喪うことに耐えられず、産む決心をしたアナは、妊娠を隠したまま短期の仕事を見つけて、診療所で働き始める。同僚のベン・コールは優秀な医師で、とても魅力的なうえに、いつも何かと気にかけてくれて、孤独なアナの心は揺れ動いた。そしてついにキス――それは心ときめく、情熱的な口づけだった。でも、この恋はあきらめなければ……。訳ありの子を産む私は、彼の重荷にしかならないのだから。<br><br>■2017年に惜しまれつつ亡くなった人気作家のジェニファー・テイラー。読み手の心を揺さぶる感動のロマンスは、永遠に不滅です。周りの人々のため懸命に生きる本作のヒロインは、その優しさゆえに孤独で、手に入りそうになった愛すら逃してしまうのですが……。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

ひとりぼっちの聖母 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

クソ生意気:しまねけんみん 2021/09/28

ほんと、パターンのひとつではあるけど、なんで他人の子どもを囲いたい女はこん…

絵が難しい。:しまねけんみん 2021/09/28

挫折。他の方がかいているように、少年漫画的な、ていうか劇画的な。しかもかな…

面白い!:グラハム 2021/09/28

絵柄も含めてとても大人っぽく、そしてリアリティのある作品だと思いました。お…

結局この人は:しまねけんみん 2021/09/28

あまり面白いのを書かないのかもしれない。 あの、真夏の夜の夢みたいなやつで惚…

なんで1,5もあんの?:しまねけんみん 2021/09/28

1じゃない? この人楠桂のアシとかしてたのかなー。昭和のあの。能面みたいな顔…

最低最悪なプレイボーイ:むんちゃん 2021/09/28

お金持ちのヒロインと借金を抱えるヒーローのロマンスです。ヒーローは以前最低…

ヴァレンタインに誕生のベイビー:BD 2021/09/28

原題から、この赤ちゃんは約3200gの重さになるのかな?記憶喪失で行方不明…

いい話なのかわからない:くまはくまた 2021/09/27

原作より翻訳が、苦手。クエスチョンマークが多すぎて会話がわざとらしくなり読…

成人が描けない作家さんは:chipic 2021/09/28

ハーレ向きではないことを分かって欲しい。 ラブシーンにもロマンチックさが全然…

特典につられて購入:ラスカル 2021/09/28

アナザーストーリーが読みたくて購入しました。そちらもユーモラスでとても面白…

このページの先頭へ