ホーム > 小説一覧 > 完璧な公爵の不覚の恋

完璧な公爵の不覚の恋

完璧な公爵の不覚の恋

その娘との出会いは、完璧な公爵にとってまったく正しくないものだった。<br><br>聖職者の娘ながらおてんばなヴェリティは、色気漂う唇の美青年が現れた瞬間、それが誰なのかすぐにわかった。第4代アイルシャム公爵ウィル――人呼んで、“品行方正卿”。最近爵位を継ぎ、彼女の家の隣に位置する領地へ越してきたのだ。先代である祖父から英才教育を受けた彼は、しきたりを重んじ、礼儀も非の打ち所がなく、つねに正しい行動をすると評判だった。快活なヴェリティの淑女らしからぬ言動に呆れ返る公爵と、公爵の完璧なふるまいをどうにか突き崩そうとするヴェリティ。彼の鉄壁は難攻不落に思えたが、ある日ヴェリティが池に落ちかけ、助けた公爵がどういうわけか、彼女の無垢な唇に口づけをして……。<br><br>■いきなり唇を奪っておいて、すぐに間違いだったと軌道修正を図る公爵。そんな彼に対し、ヴェリティは反感を覚えると同時に、胸の奥がきゅんとして苦しくなるのでした。正反対の性格のふたりが繰り広げる、もどかしくてキュートなシンデレラ・リージェンシー!

4.5 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

完璧な公爵の不覚の恋 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

NEWじゃないじゃん…:ふみりん 2020/10/31

小越先生の新作か!と思ってワクワクしたのに、やめて欲しい、紛らわしいの。POP…

セブ推し:荒野のならず者 2020/10/31

安心して読めます。タイトルで損していると思うので、一個おまけです。

優しく思いやりあふれるヒーロー:むんちゃん 2020/10/30

ホテル王と聞くと傲慢なイメージが浮かびます。でもこのヒーローはとても優しく…

これもHQなの?と思った作品。:kou 2020/10/31

SなヒーローとMなヒロインのお話です。何度も読み返したいかというと…?ですが…

愛と疑惑の宮殿:あかい 2020/10/30

色々気になることは有るんですけどね。ヒーローの登場から計画されたものだと、…

クリスマスシーズンにピッタリ!:UMIYASHI 2020/10/29

セリフのやり取りが多く少々疲れてしまいましたが、読後感は良かったです。青鹿…

イマイチ:mametaku 2020/10/29

ハーレと言うより少女マンガ

原作よりいい♥️:りんご 2020/10/29

原作は、良い話だけれどあっさりしすぎ、という感覚でした。 絵がきれいで、余韻…

罠:むんちゃん 2020/10/27

読み終えて微笑ましい気分になりました。罠に落ちたヒロインとヒーローが愛おし…

ヒーローの女運の悪さが気の毒になるレベル:LLL 2020/10/30

元妻の悪女っぷりは言うまでもなく、十代の頃の人妻、ナチュラルに自分本位なヒ…

このページの先頭へ