ホーム > 小説一覧 > 不遇の花嫁と麗しの大富豪

不遇の花嫁と麗しの大富豪

不遇の花嫁と麗しの大富豪

胸に突き刺さる、愛する夫の言葉……。「この家から出ていけ。ぼくの人生からも」<br><br>結婚相談所に入会したペイトンは、大企業CEOギャレンの花嫁に選ばれた。彼は親友夫婦の忘れ形見の少女を守り育てるために妻を探していたのだ。だが実は、ペイトンの望みは結婚ではなく、彼の祖母アリスに近づくこと。彼女の父はかつてアリスに不当解雇され、一家は路頭に迷った末、病の母は治療を受けられず息を引き取ったのだった……。ところが、いざ夫となったギャレンは世界中の誰よりもハンサムで、親を失った少女を思いやる魅力的な男性と知り、ペイトンは胸が痛んだ。婚前契約により最低3カ月は結婚を続けなくてはならないけれど、彼らのためにも、なるべく早く離婚を切り出すべきね。このとき彼女はまだ知らなかった――わが心に芽生えつつある愛の重さを。<br><br>■結婚当日まで相手と顔を合わせないマッチングサービスで夫婦となる男女を描く本作。失った家族への思いと、夫への想定外の恋心という相容れない感情に懊悩するヒロインに、胸が切なくなります。『花嫁の孤独な寝室』『摩天楼の哀しき花嫁』の関連作です。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

不遇の花嫁と麗しの大富豪 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

華やかにかわいく。:トミー 2020/04/01

画面の美しさ、ヒロインのかわいさ、ヒーローのカッコよさ。 どれをとっても自分…

あの:ころ 2020/04/01

月額コースに全2巻の2巻だけ入れられても困ります>< でも絵は可愛らしかった…

意味不明:さぶちゃん 2020/03/31

最初から苦手な雰囲気が漂ってたんだけれと、閲覧期間も終わりに近く頑張って読…

破談作戦のパートナーとして・・:映画館 2020/03/31

ヒーローとヒロインが破談を目指し親たちに自分のダメなところをアピールしよう…

悪くなかった:ささみみ 2020/03/30

突然父親になり現実を受け入れられないヒーロー。自分の子だからといってすぐに…

ハーレクイン見直した:まーちゃん 2020/03/30

記憶を失くしてるからこんなに素直に思いやって尽くせるとも言えるけど、根底に…

ハードボイルド:メリッサ 2020/03/31

作品の出来はすごく良いので、もっと評価高くて良いと思うな~。評価がイマイチ…

ヒーローの目が気になる:メリッサ 2020/03/31

ヒロインがヒーローのことを「自分勝手で傲慢で意地悪で」と言っていたけど、そ…

たしかに:ピッパ 2020/03/31

たしかに気持ち悪い なんか都合よく終わりすぎていてなんやねんこれ~ って思う …

突っ込みどころはあれど:hanerin 2020/03/31

貴族らしからぬ言葉遣いとか、時代にそぐわない単語とか風習とか、いろいろ突っ…

このページの先頭へ