ホーム > 小説一覧 > 貴公子と秘密の花園で

貴公子と秘密の花園で

貴公子と秘密の花園で

本当ならドレス姿で踊る側なのに、裏方になったシンデレラは……。<br><br>エミリアは両親の離婚後、父が再婚した継母や義姉との生活になじめず、16歳で家を出て独りで生きてきた。ある日、親友と立ちあげた会社に地中海を望む、さる公国の大舞踏会の仕事が舞い込んだ。さっそくエミリアは現地へ飛び、宮殿の屋根裏に滞在しながら、地下室のオフィスで3週間後に迫る舞踏会の準備をすることになった。あるとき中庭に足を踏み入れ、偶然出会ったランという名の美しい男性と意気投合した彼女は、久しぶりに胸のときめきを感じて舞い上がった。だがほどなく、ランの正体が、若き君主ローランだったことがわかる。ああ、なんてこと! 彼が大公なら、年内に婚約すると言われている――そのお相手の最有力候補は、エミリアの疎遠の義姉、ベラだった。<br><br>■ローランが国の繁栄のため富豪令嬢のベラと政略結婚するつもりでいるのは事実でした。大公しか入れない秘密の庭園の扉がたまたま開いていたことで、エミリアはローランと出会い、禁断の恋心を抱いてしまいますが……。『秘書はかりそめの花嫁』の関連作です。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円 +消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

貴公子と秘密の花園で のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

星3つ:熊ちゃん 2021/03/05

村田先生の絵が大好きです。 でも、今回のは謎解きで終わってしまってロマンスの…

コミカライズ成功:マキノ 2021/03/05

原作既読でストーリーは原作通りなんだけど、原作ではうるさくていまいち魅力を…

バカすぎるがかわいい:MIKO 2021/03/05

原作がどんなんだったか読みたくなるぐらい、コミックはうすっぺらくて、ヒロイ…

良かった!:うさぎ 2021/03/05

淡々と進むがちょっとしたエピや心理描写がさりげなく秀逸、クライマックスでは…

ヒーローが老けすぎ:MIKO 2021/03/05

年令相応に描いたのかもしれないですが、ヒーローが老けすぎて、ハーレのクオリ…

情熱的な話ではないけど…:なのか 2021/03/04

特にライバルも意地悪な人物も出ず、盛り上がりに欠けるかな〜とは思いますが、…

野獣ってほどじゃないかな〜?:ぷー 2021/03/04

タイトルからどんだけ激しい内容なんだ〜と期待しましたが、まあよくあるパター…

いや〜ほっこりしました:アルペジオ 2021/03/04

MAXドジのヒロインが可愛いい(笑) ヒーローがお茶目で可愛い。 相手のいいとこ悪…

愛情深い二人に涙が止まらない:結里 2021/03/04

花津先生の描くヒーロー、ヒロインはいつも愛情深いですが今回はそれを更に感じ…

気になるのは:kou 2021/03/04

情報通のディンドール夫人(笑)。消えたナニーも気になるけれど、世話焼きおば…

このページの先頭へ