ホーム > 小説一覧 > スター作家傑作選~愛はベールの向こうに~

スター作家傑作選~愛はベールの向こうに~

スター作家傑作選~愛はベールの向こうに~

2大スター作家競演! シャロン・サラ&アネット・ブロードリックが大人気の記憶喪失をテーマに綴る、感動2話を収録しました。ハーレクイン・スペシャル・アンソロジー~スター作家傑作選~は、1冊で人気作家たちの名作を複数、お得な価格でお楽しみいただけます。<br><br>『わたしの中の他人』<br>病院のベッドで目覚めたとき、わたしは記憶を失っていた。傍らの男性ラウールは、わたしが彼の妻シェリーで、二児の母だと言うが、何も思い出せない。どうやらわたしは自動車事故で九死に一生を得たらしい。退院後、夫とともにパリ郊外の自宅で暮らし始めた。日ごと深まっていく夫への愛情。けれど、いまだ戻らぬ記憶の片隅に奇妙な確信が芽生えたのだ――“わたしはシェリーではない”と。<br><br>『炎のメモリー』<br>恋人が企む悪事の計画をもれ聞いたホリーは、逃げだしたところを捕まり、無理やり飛行機に乗せられてしまった! ああ、もうおしまいだわ……。死を覚悟したが、運よくパラシュートで脱出に成功した。地上に降り、やっとのことで一軒のキャビンに辿り着くと、そこにはセクシーな男性の姿が。銃口を向けられて名を名乗れと命令され、息をのんだ。何も思い出せない――いったい、私は誰?

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 880円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

スター作家傑作選~愛はベールの向こうに~ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

絵は雰囲気があってよかった。:あかい 2021/09/19

最近はPCで描かれた絵が多くなってきているようですが、この作品は柔らかさがあ…

おこちゃまヒーロー:tsora 2021/09/19

こんな人と結婚?!もう何も申し上げることはございません。これは価値観の違い…

やっぱり:tsora-t 2021/09/19

あのカットシーンでしょう。最高に面白くて笑っちゃいました。でも、内容は特に…

誘惑するヒロイン:むんちゃん 2021/09/19

ヒーローを誘惑しようと画策するヒロインがキュートで可愛らしいです。一途にヒ…

不幸の文字しか目に浮かばない:tsora 2021/09/19

これは愛とは言わないと思う。最初から最後まで信頼関係を構築する様子も見えな…

両片思いのすれ違い:fraise 2021/09/19

お互い相手に好意を持っていて、気持ちを探り合いすれ違い…というストーリーは大…

背景が残念:fraise 2021/09/19

ヒロインの変身前、変身後どちらも魅力的で、ストーリーにも説得力のある素敵な…

良かった:ベルガモット 2021/09/19

良かった。もう一ページ二人の幸せな様子が見たかった。

最後までまとめないのがよかった:tsora 2021/09/18

個人的にはシンジンが好きだったな。そして、そのシンジンが変に誰かを愛すると…

変わった?:つつつ 2021/09/18

これまでの作品は、スクリーントーン(今は呼び方が違うのかも)の使い方が独特…

このページの先頭へ