ホーム > 小説一覧 > 氷の富豪と消えた夜花

氷の富豪と消えた夜花

氷の富豪と消えた夜花

なぜこれほど親切にしてくれるの?大富豪の彼とは身分違いのわたしに……。<br><br>ジニーはシカゴの高級レストランのバーで働いている。この3年近く、毎晩カクテルを飲みに来るロバートは得意客だ。小児専門の外科医で、大富豪ワイアット家の御曹司にもかかわらず、彼はいつもひとりで来店し、冷ややかにお酒を飲んでいるだけ。裕福でハンサムな独身男性として名高いのに、どうして?そんなある日、唯一の家族である姉が出産後に亡くなり、ジニーは生まれたばかりの姪を引き取って途方に暮れていた。すると、ロバートがジニーの住まいに突然現れ、決然と言い放った。「ナニーでもメイドでも手配するから、早く仕事に戻ってくれ!」わたしを助けに来てくれたの? 気づけば抑えてきた恋心が燃え……。<br><br>■ジニーはロバートの厚意を断ろうとしますが、聞く耳を持たぬ彼にいきなりキスされ茫然とします。胸に秘めた想いをついに伝えようとした矢先、なぜか彼は一線を引いて……。栄光のRITA賞受賞作家、サラ・M・アンダーソンの珠玉のロマンスをお届けします。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

氷の富豪と消えた夜花 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

へ?何がおきたの?:tsora 2021/10/23

最後の2P、もう笑うしかなかった。これは原作の問題か、はたまた漫画家?こんな…

カッコいいヒロイン:tsora 2021/10/23

最後まで自分を見失わない、本当にカッコいいヒロインでした。ついにハーレーで…

虐げられていたヒロイン:むんちゃん 2021/10/22

元夫に虐げられていたヒロインには、ヒーローに心を開いて幸せになって欲しいと…

ヒーロー弟のスピンオフ作品見たい(笑):らいら 2021/10/22

ヒーロー弟の『つ〜かま〜えた〜♡』の恐怖シーンで、それまでのストーリー吹っ飛…

全く共感できなかった:tsora 2021/10/22

最後の最後まで、何一つ共感どころか意味不明でしかなかった。最初でDNA検査する…

う、わ、あ、:しまねけんみん 2021/10/22

なかなかひどいね。 特にひどいのは、男二人が話し合うとき、真面目にどっちが誰…

人の不幸より自分の名誉:しまねけんみん 2021/10/22

まぁ、ヒストリカルだし、時代的に名誉だけでなく、それを捨てる際のデメリット…

原作の方が筋が通ってるかな:マキノ 2021/10/22

あとから原作読むと、コミックはページ数のためいろいろ端折ってた。絵はきれい…

reviewって、あてになる:しまねけんみん 2021/10/22

絵もストーリーも何もかもがあまりにもうざくて、途中で断念してから評価を拝見…

楠桂の絵に似てる:しまねけんみん 2021/10/22

平たくて機械的な。 しかしクソみたいな話でした。 妹になる人だから、じゃない…

このページの先頭へ