ホーム > 小説一覧 > 残酷な秘密【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

残酷な秘密【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

残酷な秘密【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】

雷雨の中、帰宅を急ぐサラは道に飛び出し、車に轢かれそうになった。運転していたのは町の名士で実業家のジェイク・ホーガンで、彼からお詫びの花束が届き、翌日にはわざわざ様子を見に来てくれた。紳士的なジェイクに、サラは生まれて初めて胸のときめきを覚えた。でも、私のような、幼い娘を育てている女に、彼は興味なんてないはず。それに、私には誰にも言えない秘密が、男性と親密になったら打ち明けないわけにはいかない秘密がある……。恋心を止めたいサラだったが、会うごとにジェイクに惹かれ、雷鳴に怯えていたある夜、彼になだめられるうちに一線を越えてしまう。そして、露見した――彼女がまだ、純潔の身だったということが!<br><br>■〈薄幸のシンデレラと幼な子〉と題して、やむにやまれぬ事情で小さな子供を育てるヒロインと大富豪とのロマンスを特集します。幼い少女の“母”として生きてきたサラの秘密の真相とは――? ベテラン作家キャサリン・ジョージの、優しくて切ない名作です。<br>*本書は、ハーレクイン・イマージュから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 605円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

残酷な秘密【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

読んでいて:ぽんた 2021/09/24

疲れる画でした。

金目当1000%:しまねけんみん 2021/09/24

見ず知らずの男だったら、頼みに行ったかね。あれが少しばかりはよく働くと思っ…

話は面白かったです:ワニャンニュ 2021/09/24

よくあるパターンですが(笑)絵は、HQの読者諸姉は目が肥えてる(私も含めてうるさ…

絵がひどい:しまねけんみん 2021/09/24

うーん、マシになった、でこのレベル。ていうか、漫画家として、致命的では(^_^;)

母親、あれで終わり????:しまねけんみん 2021/09/24

離婚でもつきつけられればいいのに。 まぁそうなったら、よりひどく寄生するだろ…

楽しかった。:ベルガモット 2021/09/24

この漫画滅茶苦茶面白くないですか?ヒーローは怒ったり悲しんだりコロコロ変わ…

結構好きです:浅倉 2021/09/24

父親の傍迷惑っぷりが凄いですが(笑)私は割と好きです。 あとやっぱりベテラン作…

山あり谷あり:むんちゃん 2021/09/23

信頼や大切な存在は失ってから、そのものの大きさを思い知るのでしょうね。この…

無理がある:tsora 2021/09/24

ヒロインとヒーローの関係性が複雑すぎて、今は一時の気の迷いでしかないような…

原作を読みたいです:まる 2021/09/22

原作を読みたくなる、というのはある意味名作なんではないでしょうか。

このページの先頭へ