ホーム > 小説一覧 > イタリア富豪と恋の忘れ物

イタリア富豪と恋の忘れ物

イタリア富豪と恋の忘れ物

身を固めるからと、彼は私を捨てた。小さな命が宿っているとも知らず。<br><br>「ぼくはイタリアに帰って、別の女性と結婚する」ライモンドの通告に、フェイスは立ち直れないほどのショックを受けた。彼女はまだ世間知らずの若き助産師、彼は経験豊富な大人の医師だった。ほんの短いあいだの恋だったけれど、身も心も捧げたのに。6年後、フェイスのもとに、なんの予告もなくライモンドが姿を現した。妊娠を、そして出産を手紙で知らせても梨のつぶてだったのに、なぜ?彼の変わらぬ美貌に胸をときめかせる一方、フェイスは恐怖を覚えた。まさか、今になって娘の親権を要求しに来たとか……。するとライモンドが言った。「きみに子供がいると聞いたんだ」フェイスは凍りついた。“聞いた”って、いったいどういうこと?<br><br>■2度も送ったはずの大事な手紙が、ライモンドのもとに届いていなかったことがわかり、動揺を隠せないフェイス。たとえ手紙が届いていたとしても、ライモンドが別の誰かと結婚してしまったことに変わりはないと思い直しますが、実は彼はすでに離婚していて……。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 550円 / 660円
出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

イタリア富豪と恋の忘れ物 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

悪魔のように美しいヒーロー:りょう 2021/07/28

幼少期に叔父から受けた虐待が痛ましくヒーローの心の闇となっています。それで…

一途な二人:むんちゃん 2021/07/27

再会し、一緒に帰国してからの二人はまるでハネムーンの様にラブラブでした。そ…

ヒロインが可愛い:ワニャンニュ 2021/07/28

絵が幼いと思ったんですが、ヒロインの可愛らしさには合ってると思いました ヒ…

どっちもどっち:ワニャンニュ 2021/07/27

ベテランの先生なので落ち着いた感じでまとまっただけって感じ?まあ、ひねくれ…

二人の会話にもっとウィットが欲しかった:Ruka 2021/07/27

これがジュリア・クインの作品なら、傲慢な中にもウィットに富んだ会話が楽しめ…

ジムの家族が喜ぶ姿が見たかった:ネコネコ 2021/07/27

ページが足りなかったのでしょうか。 ジムの家族が希望に満ち溢れたところまで描…

可愛いお話:tsora 2021/07/26

最後まで大人な対応のヒーローに可愛いヒロイン。最後までほのぼのとして、凄い…

一冊じゃ入りきれない…:TOMI8  2021/07/26

原作がドラマチックでコミック版楽しみにしてたのですが、端折りすぎてストーリ…

妹の友人を遊び相手に選ぶなんて………:とっと 2021/07/26

ヒーロー、元カノと別れたからって、自宅で妹のパーティに招待されてたヒロイン…

実験的なコミカライズ。でも上手くまとめてる:LLL 2021/07/25

現代日本のお一人様ヒロイン1が、不思議な本屋で手にした本の世界に入り、その…

このページの先頭へ