ホーム > 小説一覧 > 奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

私は女王の贈り物。奉仕するだけ。愛なんて望んじゃいけない……。■王宮の奥深き“女王の躾部屋”で養育された見目麗しき孤児ロッドには、抗うことの許されない定めがあった。それは、いつの日か、女王陛下からの“贈り物”となって、功ある忠臣や友好国の要人のもとへ遣わされること。王国の繁栄と女王の権力維持のため、ただひたすらに奉仕する。そのために、貴族令嬢と変わらぬ教養を与えられ、美しく磨きぬかれてきた。無論、“奉仕”には、夜に咲く花となり甘き蜜で主を悦ばせることも含まれているのだ――そして18歳に達したある日、ロッドは大功をたてた騎士サフィアスに贈られる。凛々しく心優しい新たな主に魅了され、思慕の念を募らせてゆくロッド。サフィアスもロッドを決して愛奴として扱わない。だが、その一方で、自家の家格向上を担う立場のサフィアスは、子爵令嬢エラータとの愛なき結婚を控えた身でもあった。“女王公認の婚約者”エラータは、“女王の贈答品”ロッドを露骨に蔑み、陰湿ないじめを仕掛ける。サフィアスの将来を案じたロッドは「愛奴の自分より、妻となる人を大切にするべきだ」と身を引こうとするが……。見返りを求めず、身も心も捧げ、誠実と性戯の限りを尽くす蕩愛!!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大1,800文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
出版社 TL◆蜜姫文庫チュチュ

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

星3つ:熊ちゃん 2021/03/05

村田先生の絵が大好きです。 でも、今回のは謎解きで終わってしまってロマンスの…

コミカライズ成功:マキノ 2021/03/05

原作既読でストーリーは原作通りなんだけど、原作ではうるさくていまいち魅力を…

バカすぎるがかわいい:MIKO 2021/03/05

原作がどんなんだったか読みたくなるぐらい、コミックはうすっぺらくて、ヒロイ…

良かった!:うさぎ 2021/03/05

淡々と進むがちょっとしたエピや心理描写がさりげなく秀逸、クライマックスでは…

ヒーローが老けすぎ:MIKO 2021/03/05

年令相応に描いたのかもしれないですが、ヒーローが老けすぎて、ハーレのクオリ…

情熱的な話ではないけど…:なのか 2021/03/04

特にライバルも意地悪な人物も出ず、盛り上がりに欠けるかな〜とは思いますが、…

野獣ってほどじゃないかな〜?:ぷー 2021/03/04

タイトルからどんだけ激しい内容なんだ〜と期待しましたが、まあよくあるパター…

いや〜ほっこりしました:アルペジオ 2021/03/04

MAXドジのヒロインが可愛いい(笑) ヒーローがお茶目で可愛い。 相手のいいとこ悪…

愛情深い二人に涙が止まらない:結里 2021/03/04

花津先生の描くヒーロー、ヒロインはいつも愛情深いですが今回はそれを更に感じ…

気になるのは:kou 2021/03/04

情報通のディンドール夫人(笑)。消えたナニーも気になるけれど、世話焼きおば…

このページの先頭へ