ホーム > 小説一覧 > 奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~

私は女王の贈り物。奉仕するだけ。愛なんて望んじゃいけない……。■王宮の奥深き“女王の躾部屋”で養育された見目麗しき孤児ロッドには、抗うことの許されない定めがあった。それは、いつの日か、女王陛下からの“贈り物”となって、功ある忠臣や友好国の要人のもとへ遣わされること。王国の繁栄と女王の権力維持のため、ただひたすらに奉仕する。そのために、貴族令嬢と変わらぬ教養を与えられ、美しく磨きぬかれてきた。無論、“奉仕”には、夜に咲く花となり甘き蜜で主を悦ばせることも含まれているのだ――そして18歳に達したある日、ロッドは大功をたてた騎士サフィアスに贈られる。凛々しく心優しい新たな主に魅了され、思慕の念を募らせてゆくロッド。サフィアスもロッドを決して愛奴として扱わない。だが、その一方で、自家の家格向上を担う立場のサフィアスは、子爵令嬢エラータとの愛なき結婚を控えた身でもあった。“女王公認の婚約者”エラータは、“女王の贈答品”ロッドを露骨に蔑み、陰湿ないじめを仕掛ける。サフィアスの将来を案じたロッドは「愛奴の自分より、妻となる人を大切にするべきだ」と身を引こうとするが……。見返りを求めず、身も心も捧げ、誠実と性戯の限りを尽くす蕩愛!!

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大1,800文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
出版社 TL◆蜜姫文庫チュチュ

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • 小説一覧へ

奉仕愛~贈答品という名の愛奴~ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

よくこんな話があったもんだ。:ももはちろう 2021/05/12

作家の先生買いで購入したのですが、原作作品の中身が日本人受けしないと思いま…

これは酷い!常識なさ過ぎヒロイン:ぴりり 2021/05/12

もう冒頭のエピソードから、(;´д`)はあ〜って感じで受け付けられなかった。もう…

絵がね…:まりも 2021/05/12

デジタルになってからどんどん気持ち悪くなる絵、どうにかならないのか…。 それ…

大スターとの恋愛もハーレクインならでは:れん 2021/05/12

ヒロインが事故に遭い、人気俳優のヒーローにお世話をしてもらうなんて、夢があ…

胸がキューン!:れん 2021/05/12

結ばれるべき2人でした。アメリカ西部のワイオミング州は冬はかなり寒そうですね…

ゴージャス感がない:yui 2021/05/11

ゴージャス感がない、着ている服にも、家具 応接間も日本の感じがしたし そうヨ…

切なく甘い物語:むんちゃん 2021/05/11

ヒロインの従姉妹は美しいけれど内面はわがままな子供そのものです。病気の自分…

特に盛り上がることもなく…:くーま 2021/05/11

絵が綺麗で構成もちゃんとしてて読みやすかったけど、たぶん記憶には残らないか…

いやぁ! 素敵すぎる!!!:kou 2021/05/11

ヒーロー、最初は何ちゅう俺様じゃぁ!( -᷄ω-᷅ ) と思いましたが、実際はまった…

酷い王女様。:かよちゃん 2021/05/11

立ち読みしかしていないので申し訳ないけれど、やっぱり王女様は国民に対して誠…

このページの先頭へ