ホーム > コミック一覧 > 偽りの復縁

Romance ロマンス

偽りの復縁

偽りの復縁

2年ぶりにイタリア侯爵で実業家の夫コンスタンティンのもとへ戻ったイザベル。炭鉱の村出身の彼女は身分違いの結婚、夫の変化、そして耐えられなかった過去にけりをつけに来たのだ。しかし、彼は強烈な魅力と圧倒的なオーラをたたえ見つめてくる。私は離婚の手続きに来たの…もう2年前の私じゃない! すると、なぜか彼はイザベルに熱いキスをし、「復縁しよう」と告げた。ふたりの間に愛はないのに、どうしてそんなことを言いだすの?

2.0 評価集計 24件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
3
 

評価3
6
 

評価2
10
 

評価1
5
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 374円 / 495円
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は ハーレクイン ライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

  • コミック一覧へ

偽りの復縁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

背中が痛い 評価1 1

この作画者さんの画はカチンコチンって感じですよね。出てくる人物皆姿勢よすぎ! 観ているこちらが背中が痛くなる気がする。 『武士かよ』って独り言。 バランスも微妙だし…  ちょっと苦手。

参考になりましたか?はい いいえ
ヒーローが苦手 評価1 1

結婚しても心を開かないヒーローで、ハーレではよくある話。 最後の方にはその理由がわかるけど、別居してると言っても離婚してない状態で他の人と付き合うとかって、会長職を目指してるとかなってるけどただのバカでしょと思った。 ヒロインのバンドの印象も中途半端。 この人の描くヒロインって女装してる男性にしか見えないんだよなぁ。

参考になりましたか?はい いいえ
<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.

おすすめタイトル

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

楽しかった。:ベルガモット 2021/09/24

この漫画滅茶苦茶面白くないですか?ヒーローは怒ったり悲しんだりコロコロ変わ…

結構好きです:浅倉 2021/09/24

父親の傍迷惑っぷりが凄いですが(笑)私は割と好きです。 あとやっぱりベテラン作…

山あり谷あり:むんちゃん 2021/09/23

信頼や大切な存在は失ってから、そのものの大きさを思い知るのでしょうね。この…

無理がある:tsora 2021/09/24

ヒロインとヒーローの関係性が複雑すぎて、今は一時の気の迷いでしかないような…

原作を読みたいです:まる 2021/09/22

原作を読みたくなる、というのはある意味名作なんではないでしょうか。

外交のプロなのに?:なの 2021/09/23

王室でマナーや外交のプロフェッショナルとして働くのに、夜会用のドレス一着も…

抱腹絶倒、多々あり~:tsora 2021/09/23

これハーレーですか~?と突っ込みたくなるくらい面白い。しかも、内容も落とし…

数十年後の未来が素敵✨:とっと 2021/09/22

ヒロインの人生を見守りながら慈しむ、深い愛情を持ち続けるヒーローが素敵すぎ…

絵がきれい〜✨:ぴりり 2021/09/22

ヒロインが無謀にも単身で危険に飛び込むも、そこで助けを求める相手がシンジン…

最後の一言が…:tsora 2021/09/22

何だかしっくりこない。結構怖い人が身近にいたってことだよね。危機感なさすぎ…

このページの先頭へ