ホーム > コミック一覧 > ランキング > 週間コミックランキング

ランキング

週間コミックランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
恋する個人秘書
恋する個人秘書真原ゆうキャロル・マリネッリ
映画制作を学ぶためイタリア屈指の映画プロデューサー、サント・コレッティの個人秘書となったエラ。シチリア名家の御曹司でもある彼は傲慢なプレイボーイでありながらまぶしいほどのオーラを放ち、甘い微笑みでエラを惑わせる。ダメよ。私はボスとは関係をもたないと決め… »
2位ランクアップ
富豪伯爵と秘密の妻
富豪伯爵と秘密の妻宗真仁子クリスティ・マッケラン
亡き父の借金返済のためメイドとして働くエマは、あるパーティーに派遣された。かつては私もこんなパーティーでは給仕される側にいたのに。思い出に気を取られ、エマは派手な失態を演じてしまう。その機に乗じて、以前からたびたび言い寄ってきた雇い主が、無理やり彼女を… »
3位ランクアップ
エーゲ海の独身貴族
エーゲ海の独身貴族ハザマ紅実レベッカ・ウインターズ
ギリシアのホテルに滞在していたフランは、裏庭で弱った赤ちゃんを見つける。いったいどこから来たの? もしかして、昨日、突然発生した竜巻で!? 警察によると、赤ちゃんの両親は亡くなり、伯父のニコロスが必死に捜していたという。彼は巨大企業のCEOで、アバンチュール… »
4位ランクアップ
愛なき子爵と床磨きの娘
愛なき子爵と床磨きの娘森素子シャンテル・ショー
イタリア大富豪との身分違いの結婚に終止符を打ち8年、床磨きの娘シエナは化粧品会社を立ち上げ大成功をおさめていた。新聞の記事で元夫ニコの再婚を知った彼女は、「彼のことはもう愛していない」と確認するため想い出の地に向かう。が、記事は間違いで教会では彼の弟の結… »
5位ランクアップ
聖夜に永遠の愛を誓って
聖夜に永遠の愛を誓ってあさみさとるヘレン・ブルックス
カリスマ企業家ジェイと恋に落ち、出会いからわずか3か月で結婚したミリアム。永遠の愛を誓いあい、幸せな人生が続くと信じていた矢先、彼女を突然の不幸が襲った。ジェイが秘書とオフィスで浮気しているところを目撃してしまったのだ。私も母のように愛した人から裏切ら… »
6位ランクアップ
君に捧ぐ愛の歌 「プリンスと奏でる愛の調べ」改題
君に捧ぐ愛の歌 「プリンスと奏でる愛の調べ」改題さちみりほ*
幼い日に聴いた“音楽の天使”ミヒャエルのオルガン演奏を忘れられずにいたロッテは、ある日彼と再会する。しかし、彼はオルガンなど弾いたこともないと言い、自分は移民の子アンジェロだと名乗る。戸惑いながらも彼に惹かれて行くロッテだったが、彼はまた姿を消し、大人に… »
7位ランクアップ
9カ月目の赤い糸
9カ月目の赤い糸星野正美マリー・フェラレーラ
医者のシーラがパーティーで出会った、高級タキシードを着こなす男性スレイド。世界をまたにかけて仕事をしている彼に魅了され、月明かりの下で情熱的に結ばれてしまう。夜明けとともに彼は旅立っていった――彼女の身に、小さな命を残して。スレイドは永遠の関係や子どもを… »
8位ランクダウン
公爵の秘密の世継ぎ
公爵の秘密の世継ぎ内田一奈メイシー・イエーツ
親が決めた政略結婚を間近に控えたアレグラは、仮面舞踏会に出席した。独身最後のパーティー…いつもと違う自分を解放したい。そんな彼女の前に、死神の仮面の男性が颯爽と現れた。まるで運命の導きのように惹かれあい、気がつくとアレグラはバージンを捧げていた。数週間後… »
9位ランクアップ
追憶の首飾り
追憶の首飾り橋本多佳子*
19世紀末、パリの街に突如現れたカミーユ・ロランは、富豪たちから財宝を鮮やかに盗み出しては民衆に分け与える美貌の女怪盗。亡き母が愛していた首飾りを狙うが、私立探偵のハサウェイに邪魔され、その上、地下通路に閉じ込められてしまう。暗闇の中で二人の距離が急接近!… »
10位ランクアップ
シンデレラと氷の侯爵
シンデレラと氷の侯爵神奈アズミ*
花屋の店員として働くマギーは、ある日突然婚約者の存在を知る。それはなんと彼女が3歳の時に親同士が決めたもので、しかも相手のヴィンセントは次期侯爵だというのだ。戸惑いながらも、彼と会うことにしたマギー。しかしヴィンセントはとびきりの美男子ながらも、感情のな… »
11位ランクダウン
涙のホワイトクリスマス
涙のホワイトクリスマス七星紗英スカーレット・ウィルソン
クリスマスを間近に控えた冬のロンドン。高級ホテルの客室係として働くグレースは、いつもと違う部屋の清掃をまかされた。最上階のスイートだというその部屋は、ホテルのオーナーである美しい大富豪フィンリーが使っているという。せっかくのクリスマスだもの、きれいに飾… »
12位ランクアップ
エメラルドの女王
エメラルドの女王さちみりほ*
十七世紀、はるか大航海時代のただなかに、男たちを束ね、大国相手に戦う美しき女海賊アンリエッタがいた。彼女が捕らえたのは謎の貴公子ラウル。互いに惹かれあう二人だったが、その美貌と才智により、英国女王の懐刀と称されるラウルに下されたのは「アンリエッタを討て… »
13位ランクアップ
グラント伯爵と虹色の宝石
グラント伯爵と虹色の宝石神奈アズミ*
伯爵家の執事の娘で、今は女優のアイリス。彼女はある日突然、自分の大ファンだという男性に声をかけられる。彼はなんと、美しく成長し、今や伯爵となった幼馴染のフィルだった。積極的にアプローチをくれる彼に、次第に自分の気持ちに気づき始めるアイリス。しかしどうし… »
14位ランクアップ
イタリアン・クリスマス
イタリアン・クリスマス尾方琳ヘレン・ブルックス
家賃滞納で住まいを失う寸前の乳母タニア。夜道で車に轢かれそうになった時、ハンサムな男エンリーコに出会う。だが、気の会わない二人の間にはとげとげしい会話が飛び交い、とうとう彼女は強引なキスで言葉を封じられてしまう!翌日は就職のラストチャンス。怒りさめやら… »
15位ランクアップ
買われた妻
買われた妻岡田純子ヘレン・ビアンチン
ロミーは、かつて自分を傷つけた大富豪シャビエルのオフィスに向かっていた。父の横領に対する告訴を取り下げてもらうためだ。憎くて仕方がないけど、彼に頼るしかないわ…。だが、再会した彼は懇願するロミーにある提案をもちかけた。助ける代わりに彼と結婚し、子供を産め… »
16位ランクアップ
プリンセスはきみ
プリンセスはきみ尾方琳リサ・ケイ・ローレル
アンダースポイントの街に住むアンナの元に訪れたのは、なんとルーカス王子! アンナが“真実の愛”を見極める達人という評判を聞き、花嫁探しを手伝ってもらいたいという。 そこで、アンナは王子を変装させ、普通の男性として、自分のすすめる女性とデートをするという計画… »
17位ランクダウン
伯爵の無慈悲な選択
伯爵の無慈悲な選択藤田和子ジュリア・ジェイムズ
イタリアの伯爵チェーザレ・ディ・モンダーヴェ…ローマでその名を知らない者はなく、彼に好意のまなざしを向けられた女性は、皆イエスと答えると噂されるほどに魅力的な男性。美術ジャーナリストのカーラは、美術館で伯爵チェーザレと出会い恋に落ちた。甘い関係は半年も続… »
18位ランクアップ
不公平な恋の神様【あとがき付き】
不公平な恋の神様【あとがき付き】アリスンルイーズ・アレン
【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】身長が178㎝もあるデシーマは、それが理由で見合い相手からことごとく断られ続けてきた。兄に強制される縁談で、惨めな思いをするのはもうたくさん。こ… »
19位ランクアップ
氷の富豪の愛人教育【あとがき付き】
氷の富豪の愛人教育【あとがき付き】幸田育子ケイトリン・クルーズ
【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】慈善団体の職員アリシアは、過去の恥ずべき経験から、自分を戒めひたすらまじめに生きてきた。けれど同僚に誘われしぶしぶ行ったクラブでニコライと出会… »
20位ランクアップ
白雪姫の奇跡
白雪姫の奇跡小林博美シャーロット・ラム
長い昏睡状態から奇跡的に目覚めたベリンダ。そんな彼女の前に現れたのは恋人のリッキーではなく、彼の兄・ヴィンセントだった。 彼はリッキーとの結婚を妨害し二人を引き裂こうとしていた憎むべき男性。 彼によると、リッキーはすでに他の女性と結婚してしまったのだとい… »

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

残念:アリス 2019/12/15

絵の線が汚くて下手なので、雰囲気が表現出来ていない。 読んでがっかりした。

ゲス男:ピッパ 2019/12/15

この作家さんは好きだけど 男がゲスすぎ

面白くない:アメリア 2019/12/15

この作家はだめだめ

派手さはないけど:リンちゃん 2019/12/15

バーバラ・マクマーンの華麗な世界にしては地味な展開ですが、人物画の美しさと…

面倒くさいヒロイン:ななな 2019/12/15

特に魅力があるとは思えない上に、思い込みが激しく、面倒臭い思考回路の持ち主…

いぃっすね~:さぶちゃん 2019/12/15

何が良いって、ヒロインが簡単には流されないところですかねー。だいたいのヒロ…

楽しい!:アロニア 2019/12/15

最初から最後まで、とても楽しいロマンティック・コメディでした。ヒロインは祖…

2作目も読んだ方がいい:きな子 2019/12/14

シリーズ物ですが、2作目も読んだ方が内容が分かりやすいし登場人物の心情も楽し…

最高です:ジュリア 2019/12/15

同じように原作を再現しても、で?って感じになる方もいるけれど、森先生はちゃ…

さすが!!!です。:りんご 2019/12/15

さちみ先生の作品が大好きで原作本も購入しました。読む者の心の琴線を掴む構成…

このページの先頭へ