ホーム > 小説一覧 > 月間小説ランキング

ランキング

月間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
架空の恋人
架空の恋人水間朋ヘレン・ブルックス
彼が振り向いてくれないなら、故郷を去るしかない。社長の息子、ハリーへの片思いに苦しむジーナは、秘書の職をなげうち、ロンドンへ移り住む決意を固めた。会社を去る日、ジーナはハリーからディナーに誘われる。上司としての義務感から誘っただけだと知りつつも、最後の… »
2位ランクアップ
嘆きのウエディングドレス
嘆きのウエディングドレス水間朋ミシェル・リード
親友ビアンカの結婚式に招かれ、エリザベスはミラノへと発った。結婚前のパーティが続いたある夜、ビアンカの婚約者、ルチアーノの魅力に屈し、エリザベスは彼にキスをしてしまう。これはまさに親友に対する裏切りだ。彼女は自分を激しく責めた。だが挙式直前、エリザベス… »
3位ランクアップ
傷心のモナコ
傷心のモナコ澤木香奈シャンテル・ショー
シングルマザーのフレイアは事故にあい、病院で治療を受けていた。祖母に世話を頼んだものの、幼い娘のことが気がかりだった。看護師から娘が面会に来ていると聞いて安堵したフレイアだったが、娘を抱いて病室に入ってきた男性を見て、凍りつく。ザック・デヴェレルがどう… »
4位ランクアップ
背徳の恋
背徳の恋中村美穂ミランダ・リー
シドニーのしゃれたカフェでランチをとろうとしていたシャーニは、店に入ってきた男性を見て目を疑った。亡き夫レイに生き写しだ。体形も顔も、歩き方から髪をかきあげるしぐさまで。レイは養子だった。もしかして双子の兄弟がいたとか?生まれたときに双子が別々の家族の… »
5位ランクアップ
魔法が解けた朝に
魔法が解けた朝に鈴木けいジュリア・ジェイムズ
私、ひどくばかなまねをしているのではないかしら?アレクシーズの誘いに乗って世界各地を巡りつつも、キャリーはいつも破局の予感におびえていた。彼はギリシアの大富豪。ウエイトレスをしていたときに知り合った、別世界の男性だった。一方、アレクシーズは彼女に愛を教… »
6位ランクアップ
無垢な同居人
無垢な同居人秋元由紀子サラ・クレイヴン
旅行中の知り合いから豪華なフラットの留守番役を頼まれたタリーは、一日の疲れと汚れを洗い流そうと、シャワーを浴びていた。だが温かい湯の快さにひたっていたのもつかの間、突然、見知らぬ男にシャワーブースのドアを開けられた。恐怖に怯えるタリーに、男は意外なこと… »
7位ランクアップ
さらわれた亜麻色の花嫁
さらわれた亜麻色の花嫁高橋美友紀ケイトリン・クルーズ
両親を亡くし天涯孤独となった王女エルフィンは、非情な叔父に故郷を追い出され、修道院へ向かっていた。道中、突然目の前に筋骨たくましい長身の男が立ちはだかる。「その女をいただきに来た」男は高らかに宣言し、彼女を連れ去った。ソールブランドという名の彼は王女を… »
8位ランクダウン
狂おしき復讐
狂おしき復讐風戸のぞみサラ・モーガン
アンジーの愛する妹は、半年前にギリシアで亡くなった。大富豪ニコラウス・キリアクー邸のバルコニーから転落死したのだ。その大富豪がロンドンに暮らすアンジーに会いに来て、悔やみの言葉もそこそこに、妹の遺品のダイヤを返せと迫った。彼女が身につけていたダイヤはキ… »
9位ランクアップ
真夜中の訪問者
真夜中の訪問者片山真紀トリッシュ・モーリ
嵐の夜、ダンテは車を飛ばしていた。もうすぐ十七年来の復讐が完結する。愛憎劇の舞台となったホテルをついに買収したのだ。ところが、宿泊するスイートルームのベッドには先客がいた。赤毛を枕に広げて眠る美しくセクシーな女性だ。新しいオーナーとなった自分への歓迎プ… »
10位ランクアップ
情熱の残り火
情熱の残り火みゆき寿々メラニー・ミルバーン
スカーレットは友人と共同で事務所を経営する室内装飾家。最近は財務状況が悪化して、経営が苦しかった。そんなとき、高額の報酬を約束する大きな契約が舞い込んでくる。だが、その顧客と対面したスカーレットは愕然とした。アレッサンドロ・マルチアノだったからだ。億万… »
11位ランクアップ
冷酷なフィアンセ
冷酷なフィアンセ白槻小枝ダイアナ・ハミルトン
リリーは年老いた大叔母に代わって慈善団体を運営しているが、財政状況は厳しく、団体は存続の危機に直面していた。そんなとき偶然知り合った資産家のパオロの途方もない申し出にリリーは当惑しながらも応じざるをえなくなった。慈善団体に資金提供してもらう代わりにパオ… »
12位ランクアップ
砂漠の王と月の女神
砂漠の王と月の女神茅野久枝スーザン・スティーヴンス
ベスは勤務先の高級デパートの年間最優秀店員に選ばれ、副賞としてアラブのカダール王国への旅と、新しい国王の即位を祝う宮殿での舞踏会に招待された。実はデパートの経営者がこのたび即位したカーリファ・カディルで、ベスは彼からトロフィーを授与されることになってい… »
13位ランクアップ
華やかな情事
華やかな情事有森ジュンシャロン・ケンドリック
アリスは客の訪れを待っていた。十年前の恋人、キュロスを。彼は故郷のギリシアに帰って同じギリシア人の女性と結婚すると言い、一方的に別れを告げてアリスの心に深い傷を残した男だ。なのに突然電話してきて、ちょっと立ち寄るだなんて。それでもアリスは、彼にきれいだ… »
14位ランクアップ
悲しきプロポーズ
悲しきプロポーズ藤村華奈美キャサリン・スペンサー
「きみに頼みがある。きわめて厄介な頼みだ」かつての恋人ディミトリオスの声に、ブリアナは胸を震わせた。モデルとして活躍していた彼女は四年前、ディミトリオスと出会い恋に落ちたが、彼が妻に選んだのは双子の姉、セシリーだった。以来ブリアナは彼を忘れるため、仕事… »
15位ランクアップ
木曜日の情事
木曜日の情事吉本ミキキャロル・モーティマー
今夜は華やかな映画の完成披露パーティが催されている。監督を兄に持つダーシーは魅惑的なドレスを着てその場にいた。目的はただ一つ──プロデューサーのルークと知り合うこと。親友のメリーをもてあそんだ人でなしを誘惑して、彼がその気になったところで、冷たく突き放し… »
16位ランクアップ
愛をなくした夜
愛をなくした夜漆原麗サンドラ・マートン
キャリアウーマンとして充実した日々を送るマディソンにとって、自分に足りないと思うのは、今や子どもだけだった。とはいえ結婚して夫に縛られたくはない。彼女は精子バンクを利用して人工授精を受けることを決意した。願いがかなって妊娠が判明した直後、一カ月前のパー… »
17位ランクアップ
結ばれたパリの夜
結ばれたパリの夜森島小百合ロビン・ドナルド
レオラは休暇で、地中海の島イリュリア公国の古い町を訪れていた。その夜、彼女は深夜になっても寝つけず、散歩をしようと宿を出た。あたりは深い静寂に包まれていた。ところが広場まで来たとき、教会の近くで怪しげに動くものが目に入った。人影だ!一瞬、小さな明かりが… »
18位ランクアップ
放蕩者の求婚
放蕩者の求婚辻早苗ニコラ・コーニック
貧しい家を支えるシーアは、見かねた幼なじみから求婚を受けることに。すると彼の従兄の侯爵ジャックが、いっそのこと僕の愛人にしてやろうと申し出た。 »
19位ランクアップ
許されぬ花嫁
許されぬ花嫁結城玲子アマンダ・ブラウニンク・?
ソフィが夫ルーカスと蜜月を過ごしていたある日、彼が見知らぬ女性を抱きしめている写真が送られてきた。まさかルーカスが私を裏切るわけはない。不安にさいなまれつつ、ルーカスの出張先のホテルへ電話をすると、女性の声が応答し、ソフィの心は砕け散った。それきり彼女… »
20位ランクアップ
情熱の燃える島
情熱の燃える島秋元由紀子アニー・ウエスト
ソフィーは母クリスティーナの葬儀を終えた翌日、コスタスという見知らぬギリシア人男性の訪問を受ける。母はギリシア人の祖父から勘当され、見放されたままだった。最初ソフィーは、コスタスが祖父の使いと思い、怒りをぶつける。しかしコスタスがやってきたのは、自分の… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

虐待は疑いでも通報です:しまねけんみん 2022/06/30

ゴリゴリの虐待が行われているオウキュウ。フレッシュなあざか、そうでないかす…

3年とかなら:なちゅられ 2022/06/29

まだ許せます 15年は長すぎる! 流石にこのハーレーはありえない そこから始まる…

君は僕の太陽だよ:むんちゃん 2022/06/29

ヒーローの生い立ちや抱えている悲しみの深さを思うと「君は僕の太陽だよ」とヒ…

好きです:mi 2022/06/28

すれちがい 大好きです

そこは別に気にならない:マキノ 2022/06/28

「次は」って、不妊治療長く頑張ってきたけど今回は残念ながらダメだった患者を…

ヒロイン純真すぎる:みーさん 2022/06/27

こんなヒーロー嫌ですねー。あちゅさんやむんちゃんさんが書かれているように、T…

う~ん:熊ちゃん 2022/06/28

ヒロインに共感できない。最後辻妻あわせでバタバタ終わった感じ。

本当に少女漫画:SuperLois 2022/06/29

ごめんなさい、本当に少女漫画にふさわしい絵柄だと思います。 決して作家さん…

少女漫画?:まる 2022/06/29

頑張って描かれているのだと思います。 ですが、ハーレクインの世界を描かれるに…

情熱的とヒステリックは違うと思うんだけれどな:あやの 2022/06/27

ヒロイン父の書斎で「直接言葉を交わした」時のヒロインの行動は「それ、第三者…

このページの先頭へ