ホーム > 小説一覧 > 週間小説ランキング

ランキング

週間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランク変わらず
屋根裏の男爵令嬢
屋根裏の男爵令嬢佐野晶カーラ・ケリー
男爵令嬢のグレースは、不安に押しつぶされそうになりながら、パン屋の扉を叩いた。借金の山を残して父親が亡くなり、住み慣れた屋敷を追い出され、働かざるを得なくなったのだ。もはや結婚も望めないだろう……。下働きにも慣れ始めたある日のこと、グレースはパン屋の常連… »
2位ランクアップ
キスの予感
キスの予感斉藤潤子ヴィクトリア・ペイド
幼い頃から美しい双子の姉イブと比べられ、テレーズは劣等感を抱き続けてきた。そんな彼女の前に、ある日突然一人の男性が現れた。イブの子供を養子に迎えたハンターだ。テレーズにとっては甥であり、彼にとっては大切な一人息子ジョニーが倒れ、緊急に輸血が必要だという… »
3位ランクアップ
御曹子とシンデレラ
御曹子とシンデレラ佐藤たかみマリー・フェラレーラ
“独身者オークション”の司会を務めていたジェニーは、魅力的な独身男性が次々と落札されていくのを眺めていた。さえないわたしには縁のないことだわ。だからオークション終了後、権利証を渡されたときは心底驚いた。友人たちが一夜のデートをする権利をプレゼントしてくれ… »
4位ランクアップ
公爵の秘密の世継ぎ
公爵の秘密の世継ぎ中由美子メイシー・イエーツ
親が決めた政略結婚を間近に控えたアレグラは、気の進まないまま、仮面舞踏会に出席していた。そんな彼女の前に仮面の男性が颯爽と現れ、ダンスを申し込んだ。まるで運命の導きのように二人の波長はぴたりと合い、気づけば彼に促されるまま、ベッドへ運ばれようとしていた… »
5位ランクアップ
さまよえる相続人
さまよえる相続人島野めぐみフィオナ・ブランド
アンナは七年もの間、逃亡を続けていた。身分を伏せ、偽名を使い、住居も転々と替えて。すべては、タラント家唯一の相続人である彼女を亡き者にして、一族の財産を乗っ取ろうしている継父の魔手から逃れるためだ。恋人も友人もないアンナの孤独な日々を支えてくれたのは、… »
6位ランクアップ
愛のめざめ
愛のめざめ西江璃子クリスティ・リッジウェイ
リンダはかつて人生を謳歌していた。美しい容貌と、努力して手に入れたやりがいのある仕事。そしてある男性と恋に落ち……事故に遭ってすべてを失ったのだ。十年間眠り続け、奇跡的に意識を回復したリンダは、恋人の兄だった大富豪ライアン・フォーチュンが、エメットという… »
7位ランクダウン
あなたに片思い
あなたに片思い高田恵子スーザン・マレリー
「ライリーにはもう会った?」妹が結婚するため14年ぶりに帰郷したグレイシーは、そうきかれるたびに戻ってきたことを後悔した。町の人々はグレイシーの“ストーカー伝説”をいまだに覚えていたのだ。当時、ハンサムなライリーに夢中だった彼女はあらゆる手段で想いをぶつけ… »
8位ランクアップ
伯爵の無慈悲な選択
伯爵の無慈悲な選択東みなみジュリア・ジェイムズ
出会った日から半年間、カーラはローマの伯爵チェーザレの従順でやさしい恋人だった。ところが傲慢な伯爵は、カーラの愛に価値はないというように、庶民の彼女を切り捨て、侯爵令嬢との婚約を発表する。失意のカーラは、母に命じられた男性と結婚するしかなくなるが、その… »
9位ランクダウン
伯爵の愛人契約
伯爵の愛人契約松尾当子ケイトリン・クルーズ
親に虐げられて育った孤独なニコラにとって、イタリア伯爵の息子ジャンカルロと恋に落ちた2カ月は、愛と情熱に包まれたもっとも幸せな日々だった。なのに……金を無心する親に脅迫され、その幸せを自ら壊してしまった。ジャンカルロは怒り傷つき、彼女を裏切り者と責め立てた… »
10位ランクアップ
雪夜の秘めごと
雪夜の秘めごとすなみ翔ジェシカ・ギルモア
ロンドンに出てきたソフィーは派遣メイドとして働きながら、デザイナーになる夢をかなえようと懸命に努力している。ある夜、豪華なパーティでのウエイトレスの仕事を終えたあと、不運にも帰宅するためのバスに乗り遅れ、大雪が降ってきた。そのとき、凍える彼女に上等なコ… »
11位ランクアップ
恋に酔わせて
恋に酔わせて龍崎瑞穂マリー・フェラレーラ
心に大きな傷を抱え、グロリアはテキサスに帰郷した。離婚のショックが引き金となったアルコールへの依存──必死の思いでそこから立ち直り、彼女は生活も新たにジュエリーショップを立ち上げた。故郷テキサスへの移転を決めたのは、母の友人パトリック・フォーチュンの後押… »
12位ランクアップ
愛人記念日
愛人記念日麦田あかりルイーズ・フラー
けたはずれに裕福で、誰もが振り返るハンサム。大富豪の実業家マラカイは、アディーが5年間別居している夫だ。結婚記念日の日、彼女はそのマラカイの前で怒りに震えていた。妻の義務として、僕とベッドへ行ってもらいたい、ですって?たしかに、私は結婚式の直後、花婿から… »
13位ランクアップ
ボスの誘惑
ボスの誘惑南亜希子クリスタル・グリーン
クリスティーナは〈フォーチュン・ロックウェル銀行〉のあるプロジェクトに加わるよう雇われた。ボスはゴージャスなプレイボーイ、デレク・ロックウェルだ。過去に苦い経験を持つクリスティーナにとってはセクシーなボスなど厄介なだけだった。だがともに働くうち、彼女は… »
14位ランクアップ
復讐の鐘が鳴るとき
復讐の鐘が鳴るとき仁嶋いずるゲイル・ウィルソン
すみれ色の瞳で一世を風靡したトップモデルはもうここにはいない。タイラー・スチュワートは結婚式の朝、ホテルの部屋で鏡に映ったみずからのウエディングドレス姿に衝撃を受けた。かつて貧困にあえいだ彼女は故郷を捨て、頂点をきわめた。にもかかわらず、人に裏切られ、… »
15位ランクダウン
一夜だけの秘密
一夜だけの秘密田中淳子クリスティン・リマー
ひさしぶりに故郷に戻ったローリは、声をかけてきた男性を見て息をのんだ。タッカー・ブラボー!今も私が愛するただ一人の男性。十一年前タッカーは、ローリの双子の妹リーナの恋人だった。だが彼との別離を決めたリーナに、ある日デートの身代わりを頼まれ、ローリはタッ… »
16位ランクアップ
涙のホワイトクリスマス
涙のホワイトクリスマス後藤美香スカーレット・ウィルソン
あと少しでクリスマスを迎える冬のロンドンで、派遣メイドのグレースは超高級ホテルの客室係として働いていた。ある雪の日、いつもとは違う部屋の清掃を任され、はじめて足を踏み入れたのは最上階のスイート。ホテルのオーナーである美しき大富豪フィンリーが使っていると… »
17位ランクアップ
聖夜に永遠の愛を誓って【ハーレクイン・セレクト版】
聖夜に永遠の愛を誓って【ハーレクイン・セレクト版】山科みずきヘレン・ブルックス
ミリアムはカリスマ企業家ジェイと熱烈な恋に落ち、結婚した。テムズ川を見渡す宮殿のようなペントハウスで、ゴージャスな夫は囁いた。「僕は永遠に君を愛し続けるよ」ところがある日立ち寄ったジェイのオフィスで、彼女は見てしまう。夫と美人秘書の、不倫現場を。悲しみ… »
18位ランクアップ
愛しいあなた
愛しいあなた高田恵子スーザン・マレリー
こともあろうに初恋の人との再会―。青春の記憶って、書き替えられないものかしら?■十年前、都会での生活を夢見て故郷の町を捨てたジルは、手ひどい裏切りにあって、みじめに帰郷するはめになった。故郷で待っているのは、退屈な生活に違いない。ところが、ジルが身を寄せ… »
19位ランクアップ
家政婦と不機嫌な子爵
家政婦と不機嫌な子爵深山ちひろエリザベス・ビーコン
家政婦と子爵の十年愛を阻むのは、身分の差だけではなかった……。<br><br>家政婦クロエは、亡き雇い主の親族で子爵のルークと久々に再会した。ふたりは10年前に身分の差を超えて惹かれ合っていたが、無制限の手当つきでという愛人契約をクロエが拒んで以来、徹底して顔を合… »
20位ランクアップ
湖の秘密
湖の秘密塚田由美子ベティ・ニールズ
ウエディングドレスはみごとに仕上がった。サテンにレースを飾った、優美でかわいいドレス。それは、はつかねずみの一家の物語を描いた絵本の中で、ねずみの花嫁が着ているドレスとそっくり同じものだった。これを着て、フランは花嫁に――いや、リサのママになるのだ。そう… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

残念:アリス 2019/12/15

絵の線が汚くて下手なので、雰囲気が表現出来ていない。 読んでがっかりした。

ゲス男:ピッパ 2019/12/15

この作家さんは好きだけど 男がゲスすぎ

面白くない:アメリア 2019/12/15

この作家はだめだめ

派手さはないけど:リンちゃん 2019/12/15

バーバラ・マクマーンの華麗な世界にしては地味な展開ですが、人物画の美しさと…

面倒くさいヒロイン:ななな 2019/12/15

特に魅力があるとは思えない上に、思い込みが激しく、面倒臭い思考回路の持ち主…

いぃっすね~:さぶちゃん 2019/12/15

何が良いって、ヒロインが簡単には流されないところですかねー。だいたいのヒロ…

楽しい!:アロニア 2019/12/15

最初から最後まで、とても楽しいロマンティック・コメディでした。ヒロインは祖…

2作目も読んだ方がいい:きな子 2019/12/14

シリーズ物ですが、2作目も読んだ方が内容が分かりやすいし登場人物の心情も楽し…

最高です:ジュリア 2019/12/15

同じように原作を再現しても、で?って感じになる方もいるけれど、森先生はちゃ…

さすが!!!です。:りんご 2019/12/15

さちみ先生の作品が大好きで原作本も購入しました。読む者の心の琴線を掴む構成…

このページの先頭へ