ホーム > 小説一覧 > 週間小説ランキング

ランキング

週間小説ランキング TOP 100

※販売・公開終了した作品につきましてはランキングから除外されております。
1位ランクアップ
イタリア富豪の秘密の休日
イタリア富豪の秘密の休日南亜希子キャシー・ウィリアムズ
デリラはクルーズ船内の絵画教室の臨時講師をしている。ある日、彼女の教室にひとりの男性がふらりと入ってきた。バックパッカーにしては洗練された雰囲気を放ち、目も覚めるようなハンサムな彼に、デリラは瞬時に心を奪われた。誘われるまま食事を共にし、彼のベッドで純… »
2位ランクアップ
ドクターは御曹子
ドクターは御曹子松本果蓮ベティ・ニールズ
フィリーはロンドンの病院で働く優秀な看護師。友達も多く、患者からも慕われ、医師からの信頼も厚い。しかし国家公認看護師の最終試験に合格しても、無神経な継母と妹たちからお祝いの言葉はなかった。ほかの同僚はみんな、家族や恋人に祝ってもらえるのに。寂しい思いを… »
3位ランクアップ
白馬の王子がついた嘘
白馬の王子がついた嘘雨宮幸子ジェニファー・ルイス
いつもどおりブレーは舞踏室で居心地の悪い思いをしていた。パーティは苦手だ。関心のある団体の資金集めが絡んでいなければ、今夜だって出席せず、家で猫と遊んでいたかったのに……。そんな物思いにふけっていると、父親が一人の男性を連れてきた。男性の名はギャビン。大… »
4位ランクアップ
荒野のランデヴー
荒野のランデヴー平江まゆみヴィッキー・L・トンプソン
偏屈な恋人と二年つき合ったあげくに振られた写真家のドミニクは、再び自由な自分を見つけて自信を取り戻すため、昔から憧れていた土地、ワイオミングへやってきた。カメラを携え、宿泊している牧場の敷地へ散歩に出かけたところ、太陽に照りつけられ、汗に光る男の背中を… »
5位ランクアップ
公爵と裏通りの姫君
公爵と裏通りの姫君さとう史緒ロレイン・ヒース
第9代ソーンリー公爵の命の灯は、暴漢の手によって消されようとしていた。逃げた花嫁を追い、貧民街になど足を踏み入れたせいだ。運命を呪う公爵だったが、颯爽と現れた男性に救いだされ、手厚い看病を受ける。目覚めた公爵の瞳に飛びこんできたのは、あるはずのない胸の膨… »
6位ランクアップ
無邪気なシンデレラ
無邪気なシンデレラ片桐ゆかダイアナ・パーマー
飼料店で働くサッシー・ピールは横柄な店長にこき使われ、いやがらせも受けている。だが、病気の母と幼い義妹を養うためだと耐えていた。ある日、店にジョンと名乗る男性がやってきた。聞けば、近所の牧場を立て直すために雇われたのだという。ジョンは、なにかとサッシー… »
7位ランクアップ
秘書のもう一つの顔
秘書のもう一つの顔土屋恵リアン・バンクス
大手広告代理店を経営するブロックは、探偵からの報告書を手に言葉を失った。機密情報がライバル会社に流れ出したのは、数カ月ほど前のこと。調査を依頼していた探偵がようやく犯人を突き止めたのだが、スパイとして名が挙がったのは、あろうことか秘書のエリーだった。エ… »
8位ランクダウン
暗黒王子の白き花嫁
暗黒王子の白き花嫁藤村華奈美ヴィクトリア・パーカー
ついに父との約束を果たす日がやってきた。ルシアーナはこれから、政略結婚の相手と正式に婚約するのだ。5年前、彼女は酔漢から救ってくれたセインと恋に落ちた。だが、彼がルシアーナの一族の敵、ガランシア国の王子だと気づき、泣く泣く黙って姿を消した──妊娠していると… »
9位ランクアップ
取り引きは恋の始まり
取り引きは恋の始まり早川麻百合バーバラ・ダンロップ
顔を合わせれば喧嘩ばかりのキャンディスとデレク。インテリアデザイナーのキャンディスはデレクが所有するホテルにあるレストランの改装を手がけているが木材の色からワインラックの位置に至るまでデザインをめぐっても口論が絶えない。それを見かねたデレクの弟タイラー… »
10位ランクアップ
その手を止めないで
その手を止めないで藤峰みちかヴィッキー・L・トンプソン
モーガンは独立記念日を祝うパレードで、開業したばかりの不動産会社を宣伝しようとはりきっていた。ところがパレード用に借りた馬が暴走し、あわや落馬かというとき、意外な人物に窮地を救われた。ゲイブリエル・チャンス――この町の名士チャンス一家の三男で、いまは馬術… »
11位ランクダウン
悲しい嫉妬
悲しい嫉妬木内重子キム・ローレンス
エミリーは結婚して三年経った今でも夫フィンに夢中だ。だが夫は前妻といまだに親しくしているし、毎晩帰宅も遅いので、結婚生活は不安に満ちていた。とうとう結婚記念日まで忘れられ、彼女は夫のオフィスに乗り込んだ。そこにはシャンパンを一緒に飲むフィンと前妻の睦ま… »
12位ランクアップ
恋を夢見る白雪姫
恋を夢見る白雪姫大田朋子ミシェル・セルマー
トーマスアイル国の王女ルイーザは、末っ子として両親やきょうだいから過保護に育てられたため、二十七歳にしてうぶで無邪気すぎるともっぱらの噂だ。そんなルイーザが、ある舞踏会の席で一人の男性に出会った。彼の名はギャレット・サザーランド。国内有数の裕福な実業家… »
13位ランクダウン
結婚コンプレックス
結婚コンプレックス須賀孝子キャロル・モーティマー
結婚して以来、ジェシカに幸福なときはなかった。夫にはいつも女性の影があったし、愛された覚えもない。冷えきった結婚生活にもかかわらず、ジェシカが別れなかったのは、ひとえに、最愛のひとり娘ペニーのため。だが会社主催のパーティに行く車中で、夫は突然、離婚した… »
14位ランクアップ
誘惑のゆくえ
誘惑のゆくえ山田沙羅ダイアナ・パーマー
シリは憂鬱だった。辣腕弁護士ホークの独占取材のため、彼と二人でパナマへ向かうことになったのだ。父の共同経営者であるホークは、いまだにシリを子供扱いし、軽蔑する。新聞記者として優秀だから今回の同行も命じられたのに、「子守などしたくない」と言われる始末だ。… »
15位ランクアップ
許されない一夜の情熱
許されない一夜の情熱すなみ翔ミシェル・セルマー
姉の死から3年経ったある日、ケイティは義兄アダムに突然呼び出され、思いもよらない告白を受けた――亡き姉の凍結卵子による代理出産を計画している、と。ならば自分がと、ケイティは代理母に名乗りをあげた。身の危険を冒してでもアダムの力になりたい特別な理由――それは、… »
16位ランクダウン
涙のわけは・・・
涙のわけは・・・小泉まやジョージー・メトカーフ
リアは震える手で受話器を戻した。私は昇進できなかった。科をまとめる責任者になれなかった。この数カ月、必死に働いてきたのはなんだったのだろう?責任者に決まったのはデイヴィッドという新任の医師。印象的なブルーグリーンの瞳を持つ彼からにこやかにされても、リア… »
17位ランクアップ
独りぼっちのエンジェル
独りぼっちのエンジェル外山恵理モーリーン・チャイルド
デイジーはキャンプ場での料理人の求人に応募するため、ジェリコ・キングが運営する山荘を訪ねた。さすが裕福なキング家の人間だけあり、山荘は城と見紛うほど豪華だ。元軍人のジェリコは、デイジーの亡き弟が生前尊敬していた同僚。一年前に戦地で弟が死んだとき、ジェリ… »
18位ランクアップ
シチリア富豪の傲慢と偏見
シチリア富豪の傲慢と偏見水月遙リン・グレアム
現実の大富豪はウエイトレスを愛さない。たとえ、彼の子供を宿していても。<br><br>失業中のアイラは、故郷のスコットランドの農場に戻っていた。貧しさゆえ、シチリアでの姉の葬儀にも行けずに悲しんでいると、突然、大富豪アリッサンドルが彼女のもとを訪ねてきた。会う… »
19位ランクアップ
噂のパーティ・ガール
噂のパーティ・ガール片桐ゆかキャサリン・ガーベラ
アメリアはその美貌から、いつしか“パーティ・ガール”と呼ばれ、真面目な素顔とかけ離れた、派手な女と噂されるようになった。知名度があれば注目され、慈善活動にも役立つと気づき、今ではみずから世間が思うとおりの女を演じている。そんな折、アメリアはジェフ・デボン… »
20位ランクアップ
放蕩子爵の改心
放蕩子爵の改心日向ひらりアニー・バロウズ
リディアは継娘のお目付け役として訪れた舞踏会で、二度と会いたくないと同時に誰よりも会いたかったニコラスと再会した。彼は8年前、社交界デビューをしたばかりの地味なリディアに目をつけ、その気にさせて求婚の言葉をささやいておきながら姿を消した。失意の彼女はやむ… »

その他のランキング

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

やっぱりレースがきになる:とむ 2019/09/19

とってもよいお話でワクワクと読み進めて… 最後にあれ? レースは? レースはど…

良かった!:まりのん 2019/09/19

感動しました。家族のことで心に大きな傷を抱えるヒロイン。そんなヒロインを暖…

ヒーローに関しては補填が必要な内容…なのかな:ヒピリ 2019/09/18

ヒーローからしてみると、ヒロインの言動は僕のこと好きじゃないだろ的な考えに…

結局…何?:くりゅみ 2019/09/18

スーザンとヒーローの関係性は?泣く肩が欲しかったって…服着ようよ。友達でもな…

ビターなお話ですね:ゆず 2019/09/17

きれいなだけじゃないお話でした。 ちょっと心にちくんとするような。 内容が濃…

あっさり:とむ 2019/09/17

津谷先生が大好きなので即買い でも今回はあっさりで物足りないです 可愛らしい…

おいおい・・・:メリッサ 2019/09/17

ヒロイン、これでカウンセラーって、マジですか!??見た目も中身もお子様じゃ…

わかるけど:るりりる 2019/09/18

ヒーローもへなちょこだけど、このヒロイン、なんだかメンドクサイ。というか、…

原作小説も読みたくなる作品:リオカ 2019/09/18

漫画はやはり画力が重要だと思います。 建物や街並みといった背景に対しての丁寧…

マイナス5↓:なうしか 2019/09/17

凄い気持ち悪かった。 今まで読んだ中でベスト3に入る こんな身勝手な男が良い…

このページの先頭へ